2018年11月25日日曜日

米国個別株やってる人って英語の決算書とか読んでるわけ?はえ^~すっごい…

米国個別株投資しているって人、すごくね?


感覚で米国個別株投資している人はまさかいないと思いますが
一つの海をまたいだクッソ遠い国の企業に対して、
ファンダメンタルズ分析とか、テクニカル分析するわけ?
英語の決算書とか読むわけ?すごい、すごくない?
まさかPERだけ見てやってるわけじゃないもんね。


私なんて米国個別株に投資しようなんて一回でも思った瞬間に
「お前にゃ無理よ無理無理ムリムリムリのカタツムリだよ」
と本能が語りかけてきますよ。


自国の個別株すら分析しても勝てない人ばかりなのに、
言語や経済体系や政府までもが違う他国の個別株銘柄にまで投資するとか、
やはり米国個別株投資している人たちはどこか命知らずですよね。


まあ日本みたいなクソ株主冷遇国家とかいう、およそ資本主義とは思えない
経済地盤がゴミみたいな国の銘柄よりは投資する地盤が整っているとはいえますが、
それでもその企業についてどれだけ知れているかの自信なくして
投資なんてできませんからね、よほど勉強しているんでしょう。


米国市場におけるどの銘柄もかなりの地力を持っているのは確かなんですが、
それでも未来永劫反映し続ける可能性は決して高いわけではなく、
ゼネラルエレクトリックなんかは特にいい例で、
歴史もあるし信者もたくさんいるくせに今やダウにすら見放されていますからね。


その判断を適宜行いつつ、
(しかも日本だとアメリカの株価なんてそうそう話題にもならないわけですから)
わざわざ円からドルに買えて色々ガチャガチャやるなんて
尊敬はしますけどドン引きもしています。


自分が凡人だとちゃんと自覚している人はさっさとS&P500か、
あるいはそれに連動するような投資信託、
特にSlim先進国株式などを買った方がよろしい。
分をわきまえましょうってやつです。


今現在はまだアメリカが絶好調だからいいですけどね、
また何か暴落でも起きたら、下手すれば紙切れになりますしね。その銘柄。


市場が好調でもゼネラルエレクトリックみたいに
駄目になっちゃう銘柄も多いんですから、米国に限らず個別株は
かなり難易度が高そうですね…。


アメリカの市場や経済を信用しても、
アメリカの個別株や政府を信用してはいけない(戒め)


いつ、今のアマゾンやらアップルやらがゼネるともしらないんでね。
長期投資している人は市場平均に投資したほうがいいでしょう。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。