2018年11月16日金曜日

不安症だけどセミリタイアを目指したい

私が一人暮らしをたった1ヶ月で辞めたのって、
お金がかかるのが嫌だったのもあったんですけど、
それ以上に異常に孤独だったり不安だったりしたのも一因なんですよね。


もともとネットではイキリ散らすようなクソ野郎なのですが、
よくいじめっ子が実は脆いといわれるように、
ジッサイの私はかなりの小心者で不安症です。


会社でもロクに口だしとかも出来ませんし、
親にもなんだかんだ逆らいませんし、
変な人に会ってもガンスルーする普通の一般市民です。


特に不安症のほうはなかなかのもので、
有給を平然と取りまくるくせにとった後はやたらと不安になったり、
会議やプレゼンなどがあると聞くと、自分が主役でなくとも
なんだかやたらどきどきしてしまいます。


セミリタイアに関しても、「仕事をせずに暮らしていく」という
おおもとの目的はもちろんあるのですが、どちらかといえば、
「誰にも干渉せず、自分ひとりで心安らかに暮らしていたい」
というような、自由というより孤独よりなセミリタイアがしたいのです。


ジッサイにセミリタイアをしてみたらまた考えが変わるかもしれませんが、
大学時代まったく家から出なくても苦痛でなく、
むしろ外に出たり人に会いたいとか思わなかったことから、
おそらくセミリタイアしてからもこの人間性は変わらないと思います。


ですが、セミリタイアは人間関係は解消できますが、
その資産の大小や安定性によっては、日々の生活が困窮し、
まさに「生きるか死ぬか」という点で不安な日々を送る可能性があります。


早く辞めれば辞めるほど資産が少なくなるので、
セミリタイアする上で不安感を減らすには、できるだけ遅くまで
勤め上げたほうが良い。


それはわかっているんですが、今現在進行形の私からしたら、
未来の自分がどうなろうと知ったこっちゃないぐらい
仕事をやめたくてたまらないので、この塩梅が難しいところだと思っています。


…、まあ、資産はまだ300万ぽっちなので、
その塩梅どころのレベルにすら達してないんですがね…。


自分がどれぐらいのリスクを許容できるのかがわかっていない以上、
やっぱり現在の支出をもとに厳密にセミリタイア後の収支を
計算するぐらいしか、不安症な自分に対する対策はありませんね。



……ところで、「人間嫌いの寂しがりや」というような言葉があるように、
孤独は好きだけど一人ぐらししたらとたんに不安になってしまうような私が、
伴侶も持たずにただ一人でセミリタイアできるのかどうか、
といったことも怪しいですが…。


結婚なんてしたら、相手との付き合いで心が揺さぶられることが多いでしょうし、
私が目標にしている「心安らかなセミリタイア」なんてのは
間違いなくできなくなるでしょう。


やっぱり、せいぜい友人とたまに会うぐらいでいいですよ。
今のうちはそう思います。



ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。