2020年3月30日月曜日

大幅にアウトパフォームできてはじめてインデックス投資を超えられる

先日、「ちょっぴりアウトパフォームした程度ではインデックス投資には勝てない」
とかなんとか威張り散らかした記事を投稿しました。


(※)
ちょっぴりアウトパフォームした程度じゃインデックス投資に勝てたとはいえない
https://mailbox009.blogspot.com/2020/03/blog-post_29.html


当人にとっては威張り散らかすどころか
なんの奇譚も忖度もないまったくの正論だと思っており、
間違っちゃいないと思います。


売買における諸々の手数料や損切りや利確、
銘柄のスイッチングなどの見えるコストの他、
銘柄分析や選定にかかった時間や副業や娯楽に割けない時間的なコストや
精神的疲労等の精神的なコストなどの見えないコストも存在するため、
一概にただ数%程度アウトパフォームしただけでは、
やはりインデックス投資をやらずにリスクまで取って個別株投資するメリットがないためです。
(長期的にできるならまだしも、短期的しかアウトパフォームできない程度なら尚更)


うむ、しかし…。
いや、待てよ?



ええ、そういうことなんですよ。


つまり逆に言えば「大した手間もかけずに大幅にアウトパフォームできるならインデックス投資じゃなくてもいい」ってことよ!!

2020年3月29日日曜日

ちょっぴりアウトパフォームした程度じゃインデックス投資に勝てたとはいえない

あらゆる個別株投資家の方々が、
今回の暴落で軒並みポロポロと落命していらっしゃっています。


インデックス投資を最良の投資だと常々広めていたわたしとしては非常に心苦しく、
マモレナカッタ…と落胆するばかりです。
私のインデックス投資家としての知名度がなかったばかりに…。


さて、そんな個別株投資家の方々は好景気だったときは
時折「俺はアウトパフォームしたぞ!うおお!!」
市場平均指数にマウントを取ってくる人もいました。


もちろん素晴らしく称賛すべき事ですが、
「そのアウトパフォームはどの程度のものなのか?」
ということも重要になってきます。

2020年3月28日土曜日

暴落中でもSOXL/SPXL/TECLに15万円追加投資!恐れるな!これがぽすとだ!

まずは個別株集中投資家たちが軒並み死亡し、
次に高配当個別株投資家たちが同時に墜死し、
さらにレバレッジETF投資家も後を追い溺死し、
最後にはインデックス投資家すらなぜか売却にまわりつつある今のエグい相場、
皆様メンタル良きにいかがお過ごし賜わりご覧なされていらっしゃる時期いかが頃合いでしょうか?


このエグい相場の中、米国株ブログ村唯一の美少女投資家のぽすとは、
んほぉ^~この暴落たまんねえ^~
と喜び勇んでTECLに入金してきました。


なんか気づいたら寸志も出ていたので、
それとブログ収入何ヶ月ぶんかを併せて15万円です。
これを一括で全部一気にTECLにぶち込んできました。
(うち、この時期に寸志あったのか(困惑))


「おいおいジャップさあ、まだ底じゃないぜ?」
と賢しらぶってドヤり散らす投資家も多いですが、
逆にじゃあいつ底なんだよと聞くと、
そういう人らは一気に苦い顔で何も言わなくなるわけで、
底なんてわからないので一括投入です。

2020年3月27日金曜日

狼狽するのは一時的な暴落や急落よりむしろ長期的なリセッションになったときだよね

少し前の暴落(急落)で狼狽売りした人が
わりと多かったのは記憶に新しいですね。


個人的な感覚では、なまじ中途半端に意識が高くて
賢しらぶっている人のほうが変に狼狽売りしていたと思います。


投資の基礎ができている天才はナチュラルにガチホだけしていましたし、
逆にあるいは売却しようか買い増ししようか
わたわたと狼狽している投資家はいつの間にか
急落が鳴り止んで難を逃れていた、みたいな印象を受けました。


変にロジカルぶるとそうなってしまうのかもしれません。
結果的に天才とバカ以外は変なことして
大きな損失を被っているようですね。


頭が中途半端に良い人は考えすぎてしまうきらいがあるので、
やっぱり個別株で利益を上げられるような天才以外は
とりあえずインデックス投資だけ積み立てて気絶しておくのが
一番いい選択肢なんだなと思います。


2020年3月26日木曜日

現金給付や商品券配るくらいならキャッシュレス還元延長してクレメンス

巷では政府が現金給付するだのしないだの騒いでますね。
ソースはどこなのかよくわかってませんけど、
ちょっと前に麻生財務相当人が「リーマンショックの時に現金給付したけど効果なかったよね?現金給付なんてせんよ」みたいなこと言ってる動画流れてきたんで、まあ現時点では検討していないんだと思います。


またマスコミのデマかあ壊れるなあ…。
和牛限定で使える商品券の配布って話もあれ、ちゃんと調べると、
政府どころか自民党の数ある提案の中の
農業部会が出したちょっとした話らしいですしね。
そりゃ農業に触れた事言うわな。
(ちなみに続けて出てきた魚介類対象の商品券も、
自民党水産部会とやらが出した単なる案のひとつ)


まだ検討どころかただ案が出ただけなのに、
さも政府が確定させた施策だというように言い切っていた人たちは、
今まで自分らが言っていたことなんてなかったかのように、
「こういう話が案として上がっているだけでも問題だ!」
みたいな論理のすり替えで批判されるみたいですけどね。


そんなん案なんも出せへんくなるやんけ!!
あくまでまだただ案出ただけなのに…。