2020年10月22日木曜日

資産形成において投資より短中期の投機も狙うべきだろ!?


現代ポートフォリオ理論だかなんだか難しい理屈によると、
レバレッジは平均値は高いが中央値が低く、
必然的にリターンの期待値を下げるだとかなんとか、
そんで良いレバレッジ比率は1.75倍だとかなんとか。


これについて、我らがレバレッジポートフォリオの雄、
okomeさんが素晴らしい反論分析記事を上げていました。



SPXLは1.75倍レバレッジが最適らしいが私が投資を辞めない理由
https://okometsubulog.hatenablog.com/entry/etf/spxl-201022


レバレッジ投資している人は全員読んでください。

2020年10月21日水曜日

株式投資は安く買うより、最後、高い時に売れるかどうか。


「ブログ書いてる暇あったら決算読めよ」
とか言われました、ごもっともですね。ぽすとです。


んにゃぴ…でも直近で独占禁止法違反とか
Googleがそれでどうとかいうニュース出た直後も、
Google騰ってましたし、わざわざ見る意味もなさそうですよね。
まず投資先はほとんどETFだし。


読み方はわからない、読む気もしない、
読んでそれを投資になにか活かせるかと言われると、
変にただバイアスかかってただ失敗するだけな気もする。

2020年10月20日火曜日

税金はともかく、今の資産だと到底リタイアはできませんね!!!


 バブルが怖いとか、バイデンが怖いとか、
そんなんが怖くて長年バブルでインフレし続ける
米国市場に投資するのは怖くないのかな。


株が下がることとか、どうでもいいんですよね。
騰がることもぶっちゃけどうでもいい。


株より、直近の仕事のほうが辛いからだ…。
今や、長いこと在宅勤務していたおかげで、
多少会社の人と話すだけでも吐き気が出てくる。


特に現場の客のところに行くのは辛かった。
外があつすぎる。電車は寒すぎる。
(そして最近は急に寒くなる)


体力がない、歩くだけで吐き気がする。
体力が間違いなく減っている。

2020年10月19日月曜日

投資にまぐれはない。しかしレバレッジ投資なら…。


現物長期投資が「時間を味方にする投資」
レバレッジ投資が「時間を敵にする投資」…。


とはガンプさんの投資ブログでみましたが、
設定来からなら大幅にプラスなのがレバレッジETF、
特にSPXLやTECLならね。


レバレッジ投資は複利の効果を大きく受けるので、
長期であればあるほど、レンジ相場を除き、
レバレッジ投資は大きくリターンが現物に勝ります。


早期償還、SECのレバレッジへの倍率変更等、
色々リスクはあれど、結果として現在まで大きくアウトパフォームし、
長期であればあるほど上方乖離していく
期待値、可能性がある、という面では、
なんだかんだレバレッジETFをこそ時間を味方にする投資です。

2020年10月18日日曜日

株式市場は流動的。アフィブロガーの投資本は静止的。それはマネタイズ。

「Twitterフォロワー6万人、
米国株投資2年目で米国株投資家のシンボル的存在である
人気米国株ブロガーの著者が、
データに基づいた圧倒的な分析力で米国株・ETF銘柄を徹底解説!」



上の言葉は、最近ある投資ブロガーが、
投資本を出したときの、Amazonの説明文です。


私自身は投資歴より結果が大事だと思っており、
投資歴イキリおじさんには否定的なんですが、
流石に2年の投資歴で米国株投資家のシンボルというのは、
さすがに誇大広告にすぎるのではないかと思います。


フォロワー数も投資期間も、
投資利益に何も関係してきませんしね。


まあマネタイズってそういうもんですからね。
大きな謳い文句は妥当なもんです。