2019年4月19日金曜日

そもそも株式投資が楽しくある必要などない

「インデックス投資は楽しくないからクソ」


おお、聞こえてきおる、
世の含み損個別株投資ブロガーたちからの怨嗟の声が…。


とはいっても別にまあそんなこと言ってる人は
そう多くはないとは思いますが、
人によってはインデックス投資を捨てて
個別株投資に行く、あるいは舞い戻る方もいるようです。


理由は、「インデックス投資はつまらない」から。


まあ概ね共感できます。
実際やることないですし。


ですが、大体そういう人たちのほとんどは、
いつもどれも誰も市場平均にアンダーパフォームしており、
大きく利益を上げている人などほとんどいません。


というか、市場平均にたかだか1%程度でも
アウトパフォームしてる人全然見ないんですけど…。


あ、利益が出てないけど楽しいから良い?
さいですか…。


でもやっぱり、タイトルにもあげましたけど、
そもそも株式投資って楽しくする意味があるんですかね?


もともと儲けたいから始めたんでしょう株式投資を。
楽しみより儲けを優先するべきでしょう。


そして、もし株式取引に楽しみを見出すとしても、
損する可能性もあるんですから、
やるとしてもデモトレードでいいじゃないですか。


なんでわざわざ本当にお金かけてまでやるんだ…。
それ、もう殆どギャンブルと思考回路変わらないじゃないですか。


株式投資以外で楽しめる趣味を他に見つけたほうがいいかと。
娯楽と投資は分けて考えないと、投資と趣味の境目すらなくなり、
いずれ生活資産にも手を出さないとも限りませんからね。


ちょっと違いますが、絵を描いたり音楽をやるのが趣味の人が、
それで食っていこうと仕事にしたりしますよね。


あれも悪い例です。
仕事と趣味の境目すらなくなり、
そのうちその趣味自体が嫌いになってしまう人もいます。


やっぱり趣味は趣味として独立させておくべきです。
株式投資が儲ける手段のうちは良いですけれど、
株式投資が趣味になってしまうのは良くない傾向だと言えます。
熱くなったらマジで資産溶かしてしにかねませんからね。


というわけで、インデックス投資だけをして、
株式投資というものがただの資産増加のための手段であり、
いかにつまらないものかということをあえて感じておいたほうが
だんぜん良いです。


つまらなければただただ無関心になり放置するだけですからね。


そしてそれは、資産形成において一番の近道かつ王道です。
個別株投資家は誰もがほとんどインデックス投資に負けるという
歴史が証明しています。


私達は決して目的を見失うことのないよう、
インデックス投資で着実に資産を増やしていきましょう。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。