2019年4月18日木曜日

米国株ブログ村の批評と分析をしてみる。忌憚と忖度なしに。

基本的にこういった一部のコミュニティに対しての記事は、
あまりそのコミュニティ外の人からしたら面白いとは言えず、
どうしても内輪ネタになりがちなのでできるだけ避けたいと思っている。


でも、アレってどういう傾向でランキングがついてるのかなと
ふと疑問に思ったから書いてみる。


ようは我慢できなくなったんだね?
そうだよ(素直)


ちょっと前は、アイコンが能面の人が、
ブログ内容はそれほど面白かったわけじゃないけど、
他のブロガーを煽り倒すことで人気を得ていた。


アレは不健全なやり方で集客してるなあと思っていたが、
結果的に通報や不正でもあったのか、ポイントが入らなくなり、
ランキングが上がらなくなった彼はブログ村から涙目で撤退した。
アレは少し恥ずかしかった。


そしてつい最近では、出産記事を書いただけで
何故かランキング一位になった退職金ぶちこみ太郎という人がいる。
(わざわざ名指しなのは、濁すと卑怯だと思ったから。)


出産しましたという報告だけで、
その内容については報告以外のものは何もなく、
投資記事としてはまず言うまでもなく、
出産記事としても中身があったわけじゃなかったから、なぜだろうとと思った。


その後は継続してランキング一位だ。
謎だ。つまりこの謎が私にこの記事を書かせた。


率直に言ってあのブログは小見出しが大きく邪魔で、
文章間の空白がまばらで見づらい。
投資ブログとしての内容も薄く、煽りが多くてあまり好みじゃない。


もちろん私の主観だから、多分に偏見も多い。
きっと他の人にはなんか惹くものがあるんだろう。


個人的には、たぱぞうの米国株投資ってブログは、
いつも割と真面目で普通のことを書いてるんだけど、
何故か毎日のように質問メールが届いていて
それを記事にしているのだけれど、
アレは本当に来てるのか怪しくて邪推してしまう。


そんな毎日来るものなのか…。
ファイナンシャルプランナーってわけじゃないよね…?


あれだけ質問応答記事が多いと、せっかくまともな記事書いているのに、
少し信憑性を疑ってしまうのは私がいけないのだろうか?


チョコの株式投資Diaryとかは、他のブロガーからは評判悪いけど、
実はわたしは結構好きである。


更新頻度が高く、あらゆる時事ネタを拾ってくるブログであり、
ようは典型的なアフィリエイトブログだ。


その実情はおそらく他にライターを雇ってるとか言われてて、私もそう思う。
そして企業案件とか、煽り記事が多い。
結婚煽り記事とか。FX煽り記事とか。


つまり結構低俗な記事も多いんだけど…3分の1くらいは参考になるものも多い。
それに低俗な記事は低俗な記事で、娯楽としては楽しめる。
なんだかんだネタ半分で見るにはブログ内では実は一番楽しい。
一日の更新記事数も必ず2つ以上で、かなり多いし。


ただやっぱりアフィリエイトブログの典型的な例なので、
アレを元に投資を始めるのは確かにちょっと危ない。


本当に投資してるのかは怪しいし、米国株投資を勧めてるのに
何故かひふみプラスへの口座開設を誘導してくるし。



つまり企業案件も多いから、騙されやすい人は危ないということだ。
まあ他のブログもそういうことあるから、
逆にあれぐらい露骨な方が良心的な部類なんじゃないかな…(皮肉)


とはいえ、一応投資を勧める記事でひふみプラスは
アクティブファンドなのでどうかとは思うが、
それ以外の記事では、SlimS&P500とか、たま〜に
わりとまともなインデックスファンドを勧めているのは評価したい。


バフェット太郎の秘密のポートフォリオとかも、
バフェットの名前を騙る畜生とか言われたりしていて、
これまた評判が悪いけど私は好きだったりする。
今はもう昔ほど人気はなくなった。


バフェット太郎氏は、「バカでも稼げる米国株投資」みたいな本を出してたけど、
その実本人は株式投資ではまったく儲かっていない。


正直、儲かってもないのにそんな本出すなよとか思うし、
本自体は全く読んでいないけど、アマゾンのレビューを見る限りでは、
「ブログに書いてあるのとまったく同じ内容」
「目新しいところもなくつまらない」
「クソ」
「うんち」
とか散々言われてて、買う必要はないと思う。


それで、なんで投資で儲かっていないとわかるのかというと、
銘柄を公開しているのもそのとおりなんだけど、
彼自身も実は結構な頻度で投資成績を公開しており、
そしてことごとく市場指数に劣後しているからだ。


そのせいでボロクソ煽られてるみたいだけど、
でも彼は「長期投資だから今劣後してても問題ない」とフォロー。


正直、長期投資になればなるほど、管理の手間や手数料とかもあるし、
普通にインデックス投資のほうが儲かる気がするけど…。
まあそこは確かに将来にならんとわからないところもあるよね。
(でもだったらなおさら儲かってから本だそうよ)


ただ、逆に言えば、
彼は自分のクソみたいな秘密のポートフォリオを
秘密ではなくまるまる公開している。


「劣後してるくせに儲かるとかいう本を出すなよ」
という誹りを受けることが確実なのに…。


これは生半可な覚悟ではできることではない。
わざわざ劣後しているパフォーマンスを偽る必要もないし、
秘密のポートフォリオを公開しているから嘘もつけないんだとも思いますが、
自分の投資成績を公開できる誠実さだけは好きです。
(なんでそこだけ誠実なんですかね…?)


あとはGEとともに生きる。という古参ブログ。
これは昔からかなり好きだったんだけど、
少し前に悲しいことがあった。


GEに投資していて、GEが下落するたびに
面白い表現をしながら悲しんだり叫んだりしていたブログだ。


私はよく個別株投資のデメリットは批判するけど、
個別株投資に命をかけて挑む個別株投資家の姿は尊敬しているし、
その中でもマイナーだったり荒かったりする銘柄に投資する投資家は、
率直に言ってかなり好きだしかっこよいと思っていた。


でも、実は投資している比率の中でGE自体はめちゃくちゃ低く、
実際はBTIとかMCDとかの、もっとまともな銘柄にばかり投資していた。


つまりはGEとともに生きていないし、
GEが下落しても実は全然痛くない。


すべては嘘だった。


流石にこれは裏切られた気がしてすごく悲しかった。


いやGEにも少しぐらいは投資してるからいいじゃんとか、
他人のブログ内容を信じるなよと言われるかもしれないけど、
まさかあの含み損に悲しむ姿はほとんどただのパフォーマンスで、
実は馬鹿にされてるだけだと思ったらとても悲しかった。


そしてSNSでクソやんけ嘘憑きとか言ってたら、
ブログでそのことについて実際に記事にされて文句言われて、
「インデックス投資してるくせに他人の投資内容にケチつけるな」
みたいなこと言われた。
しかもその記事は半刻も足らずすぐに消していた。


まあ先に愚痴ったので私が完全に100%悪いんだけど、
まさか記事にまでされてキレられるとか思ってなかったし、
私みたいな弱小ブロガーなんて歯牙にもかけないぐらいの
強者かと思っていたので、それもそれで悲しかった。


じゃあGEにもっと投資してよ(本音)
正直無垢に信じてた頃は本当に格好良く感じたのに…。
結局クソ株を信じ抜くヒーローはいなかったんだ。


全然GEを愛してなんかいなかったんだ。
まあ当たり前か…。クソ株だからな…。


ちょっと前は普通にあっさりとGEを損切りしていた。
あのときは泣いた。利確や買い増しならまだしも…。本当に泣いた。
(まあまたすぐ買い直してたけどね)


…他のブログはまあ投資関係の話とか、ポイントの話してて
割とまともなのが多いから、特にコメントする部分はないかな。


いわゆる個々人の好みで評価が変わるかなという感じ。
見たい内容だったら見る、そうでなければ見ないとかいう感じ。
まあ普通のブログでしょう。何も言うことはない(殿下)


でも正直ソッチのほうが私は嬉しい。
まともなブログがランキングに載ってくれることこそが健全でしょう。


とまあ、いろいろ言ってきたが、
私のブログだって、糖質制限と書きながら糖質制限最近ゆるいし、
セミリタイアと言いながらまだセミリタイアしてるわけじゃないし、
そもそも投資もインデックス投資なので特に手腕もないし、
まず投資に関する知識もあまり強くないとダメダメブログである。


いわゆる今までのは、自分を棚に上げた
クソみたいな自分勝手な批評だと言っていい。
言うまでもなく完全に主観なわけですから。


でもまあ、たまにはいいよなと、
くそやろうと誹りを受けることも恐れず、匿名性まで捨てながらも、
こうして文句をつらつらと述べてみました。


いわゆるノーガード戦法である。


こういった部分だけはせめて実直かつ誠実にありたいと思ってます。
まあ結果的にその無駄な誠実さで死ぬかもしれませんけどね。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2 件のコメント:

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。