2018年3月12日月曜日

MUR「おいKMRァ、お前さっき投信の含み益が出てるのチラチラ見てただろ?(売買報告時)」




あっそうだ(唐突)


MUR「おいKMRァ、お前さっき投信の含み益が出てるのチラチラ見てただろ?(売買報告時)」


KMR「なんで見る必要があるんですか(正論)」


SZK「アッ、お前さKMRさ、さっきヌッ、日経株価が増加した時、
なかなかログアウトしなかったよな?(インフレ)」


MUR「そうだよ(便乗)」


KMR「い、いやそんなこと・・・(証券口座に振込)」


MUR「見たけりゃ見せてやるよ(四季報)」





っていうことです。
これは良くないです。




は?




つまりは投資を始めてから、ついつい何度も確認しにいってしまいます。


これはァよくないですよね。
とっても良くないです。


投資信託の積立投資っていうのは完全放ったらかしでやるものです。
浮足立ってなんども確認するもんじゃないんですね。


アセロケの見直しなんて、特に年1でもいいぐらいだって
どの投信ブロガーも言っています。


だのに、私は毎日確認しに行っています。暇だし。
なぜこれが良くないのか。


今は好景気です。株価は常に上昇しています。
つまり含み益なんてものはじゃんじゃん出てくる
めちゃ楽相場なんです。(最近の下落は調整程度でしょ)


だからどの人も株式を楽観的に眺めていますが、
これが不景気になったら急激に含み損に変わります。


その含み損のときにこそ、
いつか必ず来る上昇相場に向けて大量買い付けするべきなんですが、
大抵の人はその下降相場で大いに慌てます。


そう、狼狽売りです。


先に言った大量買い付けできる人は大体プロです。
もしくは積立投資放置マン。


普通の人はどんなに鉄のハートをしていても、
あまりの恐怖と不安に狼狽売りをしてしまうもの・・・


らしいです。


私は下降相場をまだ経験していないのでわかりません。
ハハハ!!


ですがそれこそ未知のことなので、
狼狽売りしないとは言い切れません。


私なら大丈夫だとは思いますが(謎の自信)


ま、まあ、一応毎日見に行くメリットもあります。
下げ相場になったときにいち早く気づけますからね。


といっても、下げ相場に切り替わるタイミングって
わりと明確ですからね。リーマンショックとかだってそうだったでしょう。


インフレは基本的にゆるやかに上昇していくものです。
株を購入する人達が後追いでゆっくり購入していくからというのが大きいですね。


そうして株価が上昇しすぎた結果、市場が破綻したり
買いきれなくなった人あるいは売りたい人が株を売りに出します。


ここからは急降下です。
利確から狼狽売りまで一直線に落ちていきます。


まあ色々専門的な知識すっ飛ばすとそんな感じです。
ちなみに私はリーマンショック時はバブバブ言ってたので
ほとんど知識とイメージで言ってます。


リーマンショックみたいなときになると
あらゆる場面で色々ニュースになるはずですから、
はっきり言って証券サイトチラチラ見に行く必要もないです。


とは言え、ただの積立投資を継続するドルコスト平均法だけではなく、
下落時にさらに一括で買い付け(スポット投資)することは
利益を高めるためには非常に大切です。


むろん、株価がいずれ上昇するという期待を込めて。


果たして、本格的な暴落はいつ来るのでしょうか?


もちろん、ずっとインフレ傾向のままなら
分配金再投資ができる投資信託でも一応プラスになります。


でも、大きく勝つためにはさっさとデフレを一回ぐらい
食らっておかないと駄目なんですよね。


投資をする前は考えられなかったことですが、
まさか不景気が来ることを祈るようになってしまうとは・・・。


己、罪深いですね。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。