2018年3月16日金曜日

eMAXIS Slim全世界株(3地域均等型)発表と、e-MAXIS slim8資産バランスの信託報酬値下げェ!

eMAXIS Slim全世界株(3地域均等型)が出たみたいですね。


(参照:)
eMAXIS Slim全世界株(3地域均等型)がリリース。しかし売れないでしょう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-828.html#more


・・・まあ私も概ね同意見です。
ちょっとよくわからないですね、この商品。



これは多分、全世界株式の国別の配分比がわからないような
情弱な方々を取り込もうとでもした商品なんじゃないでしょうか。


だってあまりにもナンセンスすぎます。
日本:先進国:新興国が1:1:1って。


さすがに上の配分比を見て、
「やあこれで全世界株式が均等に持てる!」などという
面白い方などは流石にいらっしゃらないとは思いますが、
一応言及しておくと、これ全然3地域均等じゃないじゃないですか。


slim先進国の指数はMSCI-KOKUSAIインデックス。
国別配分はざっくりと言って米:英語:加:仏...が、
それぞれ雑に6:0.9:0.5:0.5...の比率ですね。(雑なので四捨五入)
(参照:MSCI コクサイ インデックスとは)
http://noload.558110.info/MSCI%20KOKUSAI.html


そしてslim新興国株式の指数はMSCIエマージング・マーケット・インデックス。
比率は中:韓:台:印...が、
それぞれ雑に2.4:1.5:1:1...っていう感じの割合です。(ギリシャなど、その他は省略)
(参照:MSCIエマージング・マーケット・インデックスとは)
http://noload.558110.info/MSCIEmergingMarketIndex.html


そして言うまでもなく、slim日本(TOPIX)は
日本株式100%ですよ。


それを3分の1ずつ均等に持つっていうんだから・・・。
日:米:英:中:韓:台...が
3:1.8:0.3:0.7:0.5:0.3...ってな割合になりますね。(非常に簡単な計算してます)


う~~~~~ん・・・。
アメリカはまだいいとしても、日本の比率が高すぎます。
国際分散という視点では、30%も日本に投資する価値はないと思うんですよね。
国際的な企業をたくさん持つアメリカならまだしも。


あと、新興国、とくにアジアの比率も日本を含めて非常に高い。
それは、slim新興国株式の指数である
MSCIエマージング・マーケット・インデックスがそもそも
アジアに偏りすぎているせいもありますが・・・。


ということで、まあ完全にいらないっすよね。
なにが均等型なんだか。


日本を持つならslim日本株式(TOPIX)を個別で買えば良いでしょうし。
またはひふみプラスのようなアクティブファンドでも、日本に限って言えば
リターンも良いですから。


なお、つい最近出たslim全世界(日本除く)は先進国株:新興国株が
8.5:1.5ぐらいなので、国別比率は以下の通り。
米:英:中:韓:台...が
5:0.8:0.3:0.2:0.15...。こちらなら、まあまあ良いでしょうね。


まあよく言われているように、「国際分散という視点で言えば」
楽天全世界株式のように日本:先進国:新興国を
1:8:1で持つのが理想だと思います。(これでも日本の比率はエゲレスより多いですけど)


それ以上に、期待リターンや今後の成長を加味すると、
日本を失くして先進国:新興国を8:2や9:1にするとか・・・。


うーんやっぱり微妙ですよ、今回のは。


突き詰めるとslim先進国株式だけでも
十分すぎるぐらいには国際分散投資ですからね。


そこに日本株式や新興国株式を入れるのは遊びみたいなもんですから。
こんな異常な配分でもつ必要はないですって。



















・・・あ。ちなみに。
e-MAXIS slim8資産バランスが、
0.209%→0.16%に信託報酬を値下げしたらしいです。


なんだこれは・・・たまげたなぁ・・・(立教大学監督)
なんだこれはたまげたなぁ(NYN)


もうslim8資産バランスだけ買ってさ、
終わりでいいんじゃない?(適当)


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。