2018年5月25日金曜日

糖質制限してるからって飯は残すな 食を避けずに機会を避けろ

また久々に糖質制限の話をします。


まず、よくある寿司のシャリを残す人間や、
シャリが少なくなっている寿司などの商品について。


こちらは1年ちょい糖質セイゲニストやっている私からすると、
ナンセンスだと思います。


まず前者についてはただ一言。


シャリ残すなら寿司屋来るなや!!!!!


以上です。


いえ、もう少し言及しますと、
はっきり言ってこういうやり方はモラルとしてもあれなことにくわえ、
糖質制限の観点から見てもあまり賢いとは言えません。


もちろん、糖質制限は糖質を制限すればするほどよいです。
江部先生も言っていますが、糖質は微塵も取らなくても
健康被害はほぼありません。
取らなければ取らないだけ体に良いです。


とはいえ、一般的に健康な人間なら、
多少糖質をとっても、そもそもまったく問題がないんです。


慢性的に多量の糖質をとったときに、
脂肪になったり血液に溶けたりすることが問題であって、
肝臓に貯蔵できる100g程度の糖質をとったぐらいなら、
1,2日ぐらいですぐ消費されてしまうからです。


特に糖質制限をしているような人なら新陳代謝が良いので、
糖質が消費しきれずに体に残り、悪さをするなどといった事が少なく、
普通の人以上に糖質を安心して取ることができます。
なんかムジュンしてて面白いですね。


というわけで、わざわざ寿司屋行くなら
シャリ残しだかシャリ減らしだかしないで下さい。
特に前者はモラルとして最悪なのでやめて下さい。


ちゃんと糖質制限をしていて、体がしっかりとケトジェニックになっているなら、
たかだか数日に一回の寿司パでどうにかなるわけじゃないんですから。
安心して寿司を食べて下さい。


まあ、糖質制限している人ならわかると思いますが、
大概久々に大目の糖質とったときって後悔しますけどね。


お腹が苦しくなったり、いやに食後気だるかったり・・・
ときには翌日にお腹を下します。(これは食べ過ぎないとならないと思いますけど)


これは別に糖質制限してるせいってわけじゃなくて、
炭水化物バカ食いしたら大体起きる症状ですね。
ちなみに肉をバカ食いしても上の症状はそうそう起きないと思います。


ようは糖質制限は計画的にってことです。
付き合いで炭水化物食べたときとかは、翌日には
糖質を控えめにするとかやればいいんですよ。


・・・あ、糖尿病の方は、はっきり言って糖質を一切取らないで下さい。
江部先生とかもそうですが、インシュリンが正しく作用しないため、
消費以前に、とった瞬間一気に血糖値が上昇します。つまり体に悪い。


糖尿病の方は、現状では、たとえ糖質制限しても一生治りません。
糖質摂取=即、毒です。


健康な方は、歳をとっても糖質と長く付き合っていけて、
糖尿病リスクに備えられる糖質制限をオススメします。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。