2018年5月19日土曜日

投資本は、貴方が儲けるための道具ではなく、著者が儲けるためのもの

毎回思うんですけど、ブログとかの最後に
「私はこういう本を出しています!
これを読めばあなたも絶対儲かります」っていう
販促やっちゃうサイト、一切信用出来ないと思います。


誰かの利益に直接つながることを流布する人の話を
信じる必要はありません。


それはあなたではなく、その人が得するものですからね。
だから銀行員やショッピングサイトは信用しない方が良いですよ。


その点私は何も勧めていないからクリーンだ…。


そもそも読者さんが糖質制限しようがインデックス投資しようが、
絵で稼ごうがクレカ導入しようが、私が儲けることなんてないので
そのへん安心して下さい。


株式の仕手株やネズミ講じみた仮想通貨なんてあたしゃ
一切やっていませんしね。儲かりようがないです。


逆に言えばどうやれば得になるんですかね…。
本すら出してないのに…。


日本はやたら嫌儲傾向が強いですよね。
株や絵で稼ごうなんてしたら特に叩かれます。
リスクや労力を払っているのに…。


あ、ていうかまんまそれ私当てはまりますね。
いや、やめて、叩かないで叩かないでよ!!(ひで)


最近は、とある米国株ブロガーが本を出して、それが人気ですね。


まあ言うまでもなく、彼は煽りブロガーなので、
固有名詞を出すのは避けますが…。


ああいう人は、プラスだろうとマイナスだろうと、
話題に出されることがそもそもゴールなのです。


Youtuberのシバt…みたいなもんです。
ジッサイ、どうやらS&P500に二年経っても劣後しているようなので、
投資家というよりかはブロガーって言われてますね。


一応、株式は長期投資前提。まだ二年なので判断するには早いですが、
だったらそれこそ結果を出していないのに、本は出すっていうことは
どうなんだと。そういう話になるわけですね。


当人は(注:今現在の時点ではインデックス投資よりは)儲かっていない。
そんな状況の中で本を出すのはなかなかすごいですね。
やっぱりリターンがプラスでも、インデックス投資より劣後しているのはね…。


…いえいえ、インデックス指数に迫るだけでもすごい有能ですよ。
見た感じ、ほぼずっと劣後してるみたいですけど。


言うまでもなく、本は読んでいないので、中身の書評は言えませんが、
そもそも本なんて読む必要はないんですね。
そのぶんをS&P500みたいなインデックスに1円でも多く投資したほうが得だと、
以前私は言及していますし。


※投資本なんて読むな
https://mailbox009.blogspot.jp/2018/05/blog-post_71.html


それこそ投資家としても知識ゼロで、まったくもってクソダサい投資家故に
インデックス投資をしているので、そういう技術的な部分には批判なんて
口が裂けても言えませんけど…。


これだけ頭がよく、かつ勉強し、労力を割いている人でも、
インデックス指数には及ばないところを見ると、
個別株投資がいかに難しいかということがわかります。


ちなみに、本人もちゃんとバカや多くの個人投資家は、
おとなしくインデックス投資を買うべきだと
言っていますからね。また、いずれアウトパフォームするのが目的だと。


そこは誤解しちゃダメです。うん。
(一番買うべきが誰なのかはともかく)


ただですね、バカでも簡単に儲けられる方法があります。
私はそれを実行しています。でも「今の時点では」他の方法には負けてます。


なんてことを、儲けられるって断言しながら本に出すということは、
それ相応の反応が来るのは当然ですよね。


だってブログじゃない。
それはお金をとってるんだから。
あのタイトルはある種騙しに来ていますよね。


結果が出る、20年後ぐらいに出すべきだったのでは?


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。