2018年5月28日月曜日

彡(^)(^)「元本割れなしでリターン得られる投資教えてクレメンス!」

未だになんJのまとめとかチラチラ見てるんですけど、
嘘か真かは別にして、たまに次のようなスレタイを見つけます。


彡(゚)(゚)「~~千万あるんだけど、運用してお金稼ぐには
どないしたらええんや?教えてクレメンス」


彡(^)(^)「ただし元本割れリスクはNGな!!!」


そんなのあるわけねーだろ!!!!!!!!!


…さて、一応リスク無しでリターンが見込める商品は、
今の所、イオン銀行やオリックス銀行の定期預金ぐらいですね。


(参照)
定期預金の金利の比較 2018年春のランキング1位
http://www.woman110.com/200807/


ただし年利は0.1~0.2%…。
ペイオフで国家が保証してくれる1000万を、
一年預けてやっと+1万円になります。


おそらく、彡(^)(^)←やきうのお兄ちゃん が求めているような
リターンではないでしょう。残念ですね。


はっきり言って、この利率だとインフレ負けします。
1000万円が1001万円に、来年は1002万に、再来年は1003万に…。
うーん、駄目です。物価の上昇のほうが勝るでしょう。


(まあ、日本みたいなデフレ国家だとその限りではないでしょうけど…)
※「投資しないと資産は目減りする」に騙されるな ジパングには通用しない
https://mailbox009.blogspot.jp/2018/03/blog-post_30.html


…え、他には、個人向け国債?


さっきの定期預金以下だよ!!
0.1%にも全然及ばねえよ!!!!!!!!!


というわけで、元本割れリスクなしに、
現実的なリターンを得ることができる商品は、
現在まったくないと言えます。


では、元本割れリスクを絶対しないという条件を失くして、
現実的なリターンを得られるものをリスクの順序で言うと、
FX>不動産>個別株>投資信託(株)>投資信託(債券)
といったようになるでしょうか。


FX、不動産、個別株などは言わずもがな。
投資信託は投資対象を分散しているだけですので、
リスクは軽減しても、なくすことは出来ません。


債券を一番低リスクとしましたが、
これも元本割れが決して起きないというわけではございません。
もちろん日々変動するため、ときには含み損になることは間違いありません。


やはり、元本割れがほとんどないのにリターンが高い商品など、
存在しません。


わかりきっていたことですけどね。
リスクとリターンは比例しますから。


そういった絵空事を口にするなんJ民はしまっちゃうとして、
現実的な話をしましょう。


それでも、どうしても元本割れリスクをなくしたい人は、
元本割れリスクを「なくす」のではなく、
「減らす」ことを意識すればよいのです。


しかし、FXは不安定、不動産は購入時点では負債、
個別株は倒産でゼロになるリスク(そもそも値が戻らないことも多い)
債券は信用リスクや債券不履行リスクなどが存在し、
その発生確率も無視できるレベルではありません。


とすると、一番元本割れリスクが少なそうな商品は…。


そうですね。
やはりインデックス投資信託です。


むろん、先に挙げたようなリスクの発生確率を無視できるわけではありません。
ですが、商品にもよりますが基本的にすう分散投資なので、
個別のものより断然リスクの軽減は効きます。


くわえて、長期投資をすればするほど、
元本割れをするリスクはどんどん減少していきます。


これは、複利の効果によって、含み益が積み上がっていくからです。


簡単に言うと、
1000万の投資金額が、来年1001万に値上がりした場合は、
その1001万で運用されて、来年には1004万になって…。


というように、倍々ゲームのごとく資産は増え、
そうすると、運用期間が伸びれば伸びるほど、最初の1000万を割る確率は
どんどん減少していくことになります。


つまりは、含み損が出るような状況になっても、
長期投資で複利が乗れば乗るほど、
含み益が損を相殺してくれます。


特に株式の場合は、REITや債券以上に、
ずっと右肩上がりしてきている実績がありますゆえ、
リスク低減においても優秀といえるでしょう。


口だけじゃ信用できん、
数値で見たいって人には、参考ブログ貼っておきますね。
私より甚だ信用できるでしょう。


(参照)
投資信託の運用年数と元本が割れる確率の関係
https://www.instock-ex.net/fund/colume46.html


コレが、個別株投資の場合などは、
含み益がいくらのっていても、
投資対象が倒産し株が紙切れになったりする可能性が高いです。


分散投資で軽減可能ですが、個人投資家なら、いって十数銘柄でしょう。
数百数千の銘柄を持つインデックス投資ほどにはリスク軽減は難しいです。


そして、インデックス投資信託のキホンリターンは、
先進国株式でおおよそ5%~7%です。
これならやきうのおにいちゃんも満足ですね!


すると、やはり、
元本割れリスクを極限まで抑え、かつ、
現実的なリターンを求められる投資対象を選択する場合は、
インデックス投資信託が主に選択されることになるでしょう。








こんなスレがたってしまったり、
アホみたいな低リターンの個人向け国債が人気なあたり、
日本人の大部分が、どれだけリスクを嫌うかがわかりますね。


ですが、文中で述べたとおり、
物価の上昇に伴い、金額の価値はどんどん低下していきます。


いまだに物価が上がらない日本が異常なだけで、
アメリカなどはガンガン上げていっています。


まだ日本には、その影響は表層化していませんけど…。
物価価値があがらないということは、それだけ
他の資本主義国家に劣後してきているということです。


投資しないということは、もうそれだけで、
あなたの資産は元本割れし続けているのと同じことになります。


損を恐れる汝、投資をせよ。
せねば損をするであろう。


やるなら、ぜひぜひインデックス投資信託でね!


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。