2019年5月14日火曜日

このままフェミニズムがより過激になれば私のセミリタイアも危うくなるぜ!

近頃からMetooやらフェミニズムが台頭してくるようになってきましたね。
数年前まではこんなことなかった気がするんですけど。
特に日本においてはそれほど…。


身近なので、特に日本では目にかかるような気もしてきますが、
海外発祥なだけあって、欧州やアメリカとかではもっともっと過激ですし、
韓国ではフェミニズムと、それに相対するミソジニズムが流行って、
男女間の敵対感情がもはやとんでもないレベルにまで過剰になってるとか聞きま
す。


人権先進国になればなるほどこういった問題が大きいですね。
ちょっと違いますけど海外のLGBT問題では、男性の体を持つトランスジェンダー
が、
女性の大会に出場して優勝をかっさらいまくるとかいう問題が頻発しています。
(なお、それに文句言ったLGBTでない選手は除名とかされます。ナヴラチロワ氏
とかね)
女性と精神的女性による権利闘争まであるとか地獄だな…。


最近はついに創作物の中の女性(および性的弱者)の中にまで権利を見出し始め
ており、
おかげで、日本のわりと自由であった創作物にまで規制の波が及びつつあります。


なぜ非実在存在に対してまで性別を見出してそれを問題にするのか、コレガワカ
ラナイ。
まあ日本はガチの児童ポルノが普通に売られていた時代があったらしいし、
そういうのはやっぱり規制するべきだとは思いますが…。


逆に、近頃見たニュースだと、中国は人権後進国(共産主義のため)の中では一
番の成長国なのですが、
そこで配信されるアプリなどには政治的なメッセージは盛り込めないものの、
逆にセンシティブ、つまりエロティックに傾倒した宣伝はわりと自由であり、
それによって大きな利益を受けられているとかいないとか。


つかそれ以前にMetooを言い出した女性がまず少年に性的暴行していたとかいう
話があったと思うんですが
そういうのは大丈夫なんですかね…。現実より空想の権利のほうが大事なのか…
(困惑)


でまあ、そういった諸々の問題の中でも、
特に創作物におけるセンシティブな…つまり性的な表現まで規制されるのは、
正直言って私にとって非常に痛手です。


なにせ、私にとってのセミリタイア後の収益の柱は、
おそらくそういったセンシティブな創作物の販売利益に頼ることになるかもしれ
ないからです。
(また、現時点での副業としても)
(私程度じゃブログ収入なんて大したものになりませんからね)


最初に率直に言ってしまえば、全年齢向けの創作物より、
成人向け、センシティブな創作物のほうが利益率が格段に高いんですよね。


軽く見積もっても5倍から10倍以上。これはガチです。
特に作品のレベルがめちゃくちゃ高いのでもなければなおさらこれは顕著です。


というか、作品のレベルが高かろうと、そういう描写が入っていればなおさら人
気がでます。
洋画における無意味に見えるベッドシーンがやたらと入っているのはそういう理
由もあります。


ただでさえ、今時点でバリバリ厳しいんですよね。
それが私がセミリタイアする10数年後にもっと厳しくなっていたら…。
というか、販売が不可能になっていたら死にますね。間違いなく。


そもそも、日本だって平安だとか江戸はガンガンそういったセンシティブな描写
ばっかりだったんですよ。
源氏物語見てくださいよ。アレは日本最古の文学作品とか銘打っても結局ただの
官能小説ですよ?

葛飾北斎見てくださいよ。あいつ鉄棒ぬらぬらとかいうサークル名で「蛸と海女」
っていうクソ気持ち悪い春画描いてたんですよ?



つか春画が文化な時点で…。
江戸とかもうそういう文学ばっかり。好色五人女だとか。


それが昭和あたりの戦争の時代では、検閲のせいでセンシティブ描写どころか笑
える描写すら規制されてですね、
娯楽なんてバリバリに規制された時代を経て、ようやくある程度自由に戻ってこ
れたのが現代なんですよね。
(笑の大学とかいう映画でも見ればわかります)


これがまた昭和に逆戻りとか信じられない。辛い。
クリエイターとしての私も辛いし、読者としても私も辛い。
セミリタイアする上での隠遁者としての私も辛い。


子供から性的なものを遠ざけまくった結果として今の少子高齢化とかの要因があ
るんじゃないんですかね?
というか先進国の中で一番創作物の規制が緩い日本はかなり性犯罪発生率低いん
だけども…。


いやあ、ほんとにどういう団体が声をでかくして規制規制言ってるんですかね。
誰の得にもならないと思うんですけどね…。被害者の方々当人たちにも…。
(というか何故か日本のそういう人たちは欧米の男性をマンセーしたがる謎。欧
米は格段に性犯罪多いのに…)


創作物が規制されるのはたまったもんじゃないですが、
私という一弱者がドウあがいても対抗なんてできやしないので、
せいぜい今のうちにさっさと創作しまくって売りまくる方がいいかもしれません。


つまりもっと頑張って原稿進めろよという話ですね。はい…。


…いや、待て。
ああいう団体はなぜか女性向けの創作物には文句を言ってこない。
なるほどつまり…。


…セミリタイアのために、今後の私はもしかして男同士の絡みを描く必要に迫ら
れるかもしれませんね。
やっぱりホモじゃないか!!(歓喜)


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。