2019年5月11日土曜日

よくある中間の年代がいなくなっていく…うちの会社もそろそろ不味いんじゃな いの?

結構前、うちの会社の中堅程度のとある社員が退職しましてね。


まったく違う部署と職種なのに、やたらと私にあたりがつよい人だったので、
ざまあみろと醜い感情を顕にしていましたが、まあよくよく考えると不味いです
ね。
気づけばあの年代層…つまり30代あたりの社員がいつのまにかぽろぽろ辞めてっ
てますね。


今うちの会社に残ってるのって、私たち若手社員のやつらと、
「そいつが抜けたら間違いなく倒産するレベルの」高齢社員ばかりしかいない気
がします。


ああどおりで社員雇用に躍起になっているわけだ…。
オフィスはもう、人でパンパンなのにね。
移転も増築もできないのに果たしてどうするつもりなのか。
もうすでに在宅と現場、営業の奴らがオフィスに戻ってこれないくらいには狭い
のに。


退職した中堅社員共は、思えばある程度スキルと横のつながりができている社員
ばかりでしたね。
そりゃあほとんど昇給もしなければ待遇もクソ、スキルも付きづらいこんな会社
に見切りをつけるのも残念でもないし当然。
(しかも退職する時に毎回なんか円満とは言い難い雰囲気だし?)


つーかなんで最初からうちに来たんですかね?
うちって有能であればあるほど忙しくて薄給なのに、
やっぱり社内営業がうまければ無能でもお金もらえる日本企業の邪悪さを集めた
権化のようなところなのに。
いや、だからこそ今みないなくなっていくのか…。


もちろん弱小零細企業ですから、教育する暇も無ければ余裕もない。
それで成長しない社員には圧力かけては無理な営業に飛ばさせるってんだから、
嫌になるのもわかる気がしますね。


「教育はしない。スキルつかないのはつけないお前のせい」



こんなスタンスでずっとやってたら、そら自分でスキルつけたり
業界のつながりつけられるような人は自分から出ていっちゃうよね。
そして無能だけはしっかり残るよね。当たり前だよね。


やっぱり先行きは危ない気がするんですけど…。
今の高齢社員どもになにかあったら終わるな、マジで…。


え?もちろん私にはそんなスキルもありません!
つける気すらありませんとも!ええ、もちろん!


社会の癌細胞である会社の癌細胞である私はできることは、
いずれ手術(=解雇)でこの会社から摘出されるまでに、
なんとか給料という栄養だけ受け取って、セミリタイアすることこそが絶対的な
命題でしょう。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2 件のコメント:

  1. 家はブラック企業ですよといって社員募集してくれれば分かるんだろうけどねw

    返信削除
    返信
    1. でも有能が騙されて入ってくれないとうちは潰れてしまうゾ…(´;ω;`)

      削除

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。