2018年8月24日金曜日

セミリタイアの成功に関しては、親との関係も密接に関わってくるという話。

色々セミリタイアブログを回っているのですが、
今の所、親の介護をしている人は一握りぐらいですね。
(そもそもセミリタイアブロガーがそれほど多いわけではない)


問題になっている介護離職とかも、
まあ見た目的にはセミリタイアと対して変わりませんよね。


時期とお金と生活の余裕というセミリタイアの利点が
全部消えますけれどセミリタイアです(怒)


私なんかは末子なんですけれど、現状実家暮らしなのは私だけであるため、
もしかしたらセミリタイアせずとも私が世話を見ることになるかも知れません。


…奨学金なしに大学行かせてもらったりしていますしね…。
いえ、もうそれこそ兄よりもめちゃくちゃ甘やかされてきたと思います。
だからこそ私が世話を見るのも当たり前になりそう…。


しかも、私が末っ子であるということは、
もちろんふたりとも割と高齢であります。
私のセミリタイアの前に要介護とか普通に有りえますね。


借金とかローン、持ち家とかも一応はなんとかなるらしいです。
そういうことはちょくちょく聞かされています。


老後の貯金とかはどうなんでしょうか?
それについてはやはり聞きづらくて聞いていませんけど…。
私よりよほどしっかりしている両親のことです、あまり心配はし、していません。


今の所、私のセミリタイアには
自分をギリ賄うためだけの資産しか用意しないつもりですから、
親の介護でどれぐらい支出がかさむのかによって、
もしかしたら資産切り崩しから再就職までしなくてはならないかも…。


あまりできた人間ではないので、在宅介護なども心配ですね。
父と同じく若干短気ですから…。おおこわ…。


「そうか、あかんか。」案件になってしまったら、
セミリタイアどころじゃありませんね。


上の兄弟も経済的にあまり裕福ではないので、
10年後、果たしてセミリタイアできるかどうかは怪しいです。
そういった、外部的な要素を考えるとね…。


そう考えると、たとえ独り身だとしても
セミリタイアってかなり贅沢な選択肢なんですね。


またもし結婚していた場合は、相手側の親の問題もあります。
そりゃあ既婚者はよりセミリタイアのハードルが高くなるでしょうね…。


一応、現時点では、介護保険や年金でギリまかなえるレベルとは聞いていますが、
それも親世代まで。あと10数年でどうなってしまうかはわかりませんものね。


セミリタイア者の方々の多くを常悩ませる親の介護問題…。
会社を辞めるときは、その時の状況も考えておかねばなりませんね。


あ、言うまでもなく私自身の介護については考えていません。。


その時は死のうな!!安楽死制度、ぜひ頼むわ!!


ほな。。。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。