2019年6月6日木曜日

株価よりも自分の生活をしっかり見つめ直すべきではないか?

上司「お前が会社にただ存在するだけで赤字なんやで」

ワイ「(´・ω・`)…」



もうなんて言っていいかわからず、
返事も何もできなくなってしまったぽすとです。


こんなありふれた日常どこの会社でも起こってるでしょう。
わ、私が無能なのは間違いないですが、かといって一平社員が仕事取ってこれるわけでもなし、
黒字がどうやっても産めないのも事実。
殴られないだけうちの会社はマシですね。


一応、最近わりと真面目に仕事しているのに…。
まあ、時間対利益でマイナスってことですよ。
私はコストの割に無能ですから…。


そんな中、現場に新しく新入社員がやってきて、
顔を合わせた時につい顔がほころんでしまいました。


私が犬畜生にも劣る無能であると知らずにリスペクトする視線。丁寧な挨拶。
ああ懐かしいな、自分もこんな感じだったなと。


いえ私は新入社員の時ここまで丁寧な挨拶できなかったので、
比較すると間違いなく彼らの方が有能なんですけれど…。


なるほど、おじさん連中が若手の面倒を見てあげたくなる気持ちも少しだけわかりますね。
飲み会に誘いたくなるのも、彼らの纏うそのフレッシュさを自らも感じたくなるからでしょうか。
…もしかしてこう感じてしまうってことは、私も歳を食ったということか!?


まあ数年前まで私もその立場だったからわかるんですが、
過剰だったり下手に先輩社員から絡むと、相手は笑顔でもただただ内心は
「めんどくさい先輩だな、はよ帰ってゲームでもしたいわあ」みたいなことを感じてるに違いないので、
私は特に絡んだり、彼らの面倒を見に行ったりはしませんけどね。


(それにむしろ私が良かれと思ってなにかすると、
ほぼ確実に余計なことになる可能性が高いので!!!)


そんなこと思ってたらいつの間にか別の先輩社員から飯に連れてかれていました。
断る余地もなさそうだったけど、まあ奢りだろうし、一回くらいはいいよね。
それに私と違って、先輩社員と飯なんて苦痛だって感じてないかもしれないし。


あ、それとはまったく話変わりますけど、
引きこもりが親を刺したり、親が引きこもりを刺したりと
最近世間は大騒ぎしてますね。


言うまでもなく私は刺される側でしょう。
いつ親から三くだり半とともに刺殺体にされるかわかったもんじゃありませんね。
引きこもってないのに…いや憎まれているからしょうがないね。


セミリタイアしたらもう完全ニート扱いでしょうし、
いくら資産持ってる、株で儲けてるって言っても信じてもらえないわけで、
ケッコンなんてできるわけないからもう間違いなく扱いもひどくなって…。


…まあ先のことばかり考えていてもしょうがないでしょう。


幸いにも、いよいよ漫画のほうは完成しそうです。
成人向けですが、知名度と画力のなさのせいで、
いってDLsiteとDMMで併せて100部売れてくれれば良いほうかなと思っています。


というと750円で販売したとして、卸値は400円だから…。
4万円ぐらいすれば良いほうだろうか?


製作期間に一年半以上かけて4万円…。
これもう時給は円じゃなくて銭の域に達しているのでは…。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2 件のコメント:

  1. ふぃーお疲れ様です!
    ぽすとちゃんの大ファンです ストレートなブログに救われてるから

    漫画購入してみたいので、ブログでも案内してくださいねー

    全然フレンズになれないな

    返信削除
    返信
    1. >>ぽすとちゃんの大ファンです 
      うおお^^^^bbbbb

      ありがとうございます。成人向けなのでリンクは貼れないですが、
      販売開始したらおしらせしますね。

      削除

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。