2019年6月19日水曜日

ベジタリアンでも糖質糖質は可能です。ただヴィーガンはちょっと…。

ベジタリアンとかヴィーガンとかマクロビオティック?
だかなんだか、最近菜食主義等が流行ってますね。


糖質制限している私とは、栄養学的に真逆に位置する立場の人たちですね…。
なぜなら糖質制限ニストは必然的にほとんど肉食(ミータリアン)になるからですね。


何故かって言うと肉はタンパク質と脂質の摂取に非常に優れており、
アミノ酸なども滅茶苦茶含まれており、栄養がかなりあるからです。


肉を食うだけで滅茶苦茶効率的だし、あと焼くだけだから炭水化物より料理が楽。
そりゃミータリアンになりますね。


野菜を食べるのも基本的にちょっとだけだし、
なにより食物繊維とビタミンCを補充するためってのがほとんどなので、
実は野菜でなくとも結構代用ができます。


ちなみによく糖質制限は食べる量を減らしたから
カロリーが減って痩せるんだろとかたまにききますけど、
実際野菜は少なめでも高カロリーな肉は好きなだけ滅茶苦茶食べてましたけど
太るどころか痩せました。私の場合はね。唐揚げばっかり食べてたし。


あ、でも、一応安心して貰いたいのが、
ベジタリアンでも一応は糖質制限が可能です。


まず実は野菜の場合、その中身がほとんど糖質と食物繊維と水だけであって、
せいぜいアボカドや…次点でピーマンぐらいしか栄養がある野菜はありません。


しかも、そのへんのサラダやキャベツより、
ハムのほうがビタミンC高いんですよ。
ビタミンCを取るとしても実は結構イマイチです。


栄養は殆どなく、くわえて糖分はけっこう高いため、血糖値はさして下がりません。
痩せようと思ってベジタリアンになる人は絶対に間違っていると主張します。


とはいえ、栄養学的なものは諦めて、思想的にベジタリアンを目指している、
できるだけ生物の命を殺したくないという方で糖質制限をしたいのなら、やはり可能です。


タンパク質とほか多くのビタミンが取れる卵、
タンパク質およびかなりの脂質を取れるチーズ、
タンパク質が滅茶苦茶多く畑の肉とまで呼ばれる大豆、
あとはビタミンCのためにアボカドや海藻類を食べると良いと思います。


……と、言うことから、
続けて言えば卵やチーズすら食べてはいけないヴィーガンはもう、
健康的な生活は正直かなり難しいと思います。


率直に言って、(他人に押し付けない限りは)
生命を大切にしたいという考えは尊重すべきことだと思うし素晴らしいと思います。


ただ、やっぱり栄養学的には確実に大間違いです。
やっぱり卵やチーズなどが取れないのはキツイですね…。
特に脂質ってどれも動物性食品に多いですから…。


一応肉じゃなくても、ミドリムシクッキーやら昆虫食やらは
なかなかかなりタンパク質やミネラル等の栄養価高いんですけど…。


それも多分NGですよね?ヴィーガンの方って…。
うーん、多分食卓は色鮮やかでも絶対栄養失調に近いと思うなあ…。


脂質はある程度少なめでも多少肌が荒れるくらいでなんとかなりますけど、
タンパク質だけは脂質や糖質とは比べ物にならないくらい不可欠な栄養素ですからね。
ヴィーガンの方が取れるタンパク質は全然ない…。


健康を重視するのならやめましょう。
というか思想を持つなら、食事制限をするより自然愛護団体などに募金したほうがよっぽど良いですね。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

4 件のコメント:

  1. 卵かけご飯はあり?

    返信削除
    返信
    1. 日本人として例え糖質の塊だったとしても白米は譲れないもん。。。
      もしかして外国の人?

      削除
    2. なぜそれで外国の人扱いになるのかはわかりかねますが、
      特に食べ過ぎたりしなければ白米食べても大丈夫でしょう。
      一食2杯以降はおすすめしませんが。

      削除

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。