2019年6月3日月曜日

2019年05月末 資産公開

資産公開です。

【総投資額】352万 【投資結果】350万 【投資損益】-1.5万(-0.4%) 

おいおいおい。
インデックス投資ってほんと儲からねーな!!!



あと資産が分かりづらいので表示変えました。
(2ヶ月前とほとんど同じ結果になってるじゃないか…)


冗談はおいておくとして、この結果はやはりトランプ大統領が
また米中貿易戦争の引き金を引いたせいでしょうね。


一旦やめると見せておいて、
再度関税攻撃を仕掛けてこようとするトランプ大統領に対し、
メンツを大事にする中国はいよいよキレかけています。
(トランプ大統領、もしかして楽しんでないか?)


又聞きですが、中国、なんかまたレアメタルとか輸出制限かけようとしてるんだって?


以前日本に対しての輸出制限でレアメタルを制限しようとしたものの、
日本にレアメタルの別口輸入先を先んじて確保され、
結果的に自国の顧客とレアメタル産業を大きく毀損したはずですが、
また似たようなことをするつもりなんでしょうか。


日本よりよっぽど手強そうな国に対して…うまくいくかなあ?
うまくいかない気しかしないんですけど。


アメリカの嫌がらせと中国の嫌がらせでは、まだまだ力の差がデカイですからね。
結局中国が多少報復しようと、アメリカに対して大きなダメージなど浴びせることは難しいでしょう。


さっさとアメリカに従ったほうが良いと言いたいところですが…。
中国が大人しくなったら次こそアメリカは日本の自動車関税の増大に取り掛かりそうですから、
やっぱり長引いてもらったほうが日本としては嬉しいかもしれませんね。


三流投資家もどきの私の視点から、もし個別株投資に関して言及するとしたら、
貿易が関係しない銘柄に投資するのが一番良いんじゃないかな。
つまりは中国からの輸入がストップしても材料に問題がおきなさそうな企業とか。


あるいは、ファーウェイが切られることによって代替先として買われる、
iPhoneの販売元のアップルとか?


とまあ、色々予想するだけなら簡単なんですけど、
実際にはまた過激化する前にトランプ大統領の気が変わったりとかで、
きっと予想通りになんてならない気がしますね。


結局のところ、トランプ大統領のやり方はほんと読めないので、
この米中貿易を分析して株式売買に取り込むのはやめた方が良いと思います。
大やけどする可能性の方が高い。


まあ私はインデックス投資をしているので、
現時点で米中がどうなろうが全く関係ないんですけどね。


最悪この貿易戦争が過激化して大手企業の一つや二つが大打撃を受けようが、
倒産しようが、大したダメージにはなりえません。
そんな銘柄はすぐ指数から排除されますからね。


流石にアメリカが負けて中国が大勝ちする、なんて結果になったらまずいですが、
それこそ現時点ではほとんどありえないからヘーキヘーキ。


インデックス投資家はこんな状況でも適当に買ってるだけで良いので楽ですね、ホント。
むしろ2017年からこっち、ずっと買い場が連続的に来てるっていう現状、
まさに積立買い付けしているインデックス投資家にとってはありがたい限りですね。


…私の口座は当分含み損まみれですが。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。