2019年3月4日月曜日

私の就職活動時のエピソードでも書きますか

このブログをご覧になっている方ならご存知、
私はもちろん口も悪けりゃ頭も悪い、だのに偉そうな、
超絶クソ無能野郎
だとちゃんとご認識いただいているかと思います。


そういった若者特有の、実態を伴わない謎の自信から、
当時就職活動の際には、「今は売り手市場だし、F欄のウチでも楽勝やろ」
というやはり謎に偉そうな態度で就職活動に挑みました。


ちなみに、交通費は全額親に出してもらいました。


アルバイトもしてなかったし多少はね?
まあ交通費出してくれるとこを多く受けてたけど。
(そういうところは良い会社であることも多いしね)


そうですね、ゆとり世代である私としては、
昨今のブラック企業への忌避観念が心身に浸透しており、
やはり就職活動では中小ホワイトに絞って就職活動していました。


なんで大手を狙わなかったって?
無理に決まってるからだよ!!!
わしみたいな無能!!!!
それにブラックじゃないとは限らないしな!!!!


就職したい職種が決まった後は、
大体の選考基準はこれでした。
・年間休日120以上
・完全週休二日制
・有給消化数が多いとこ
・給料最低18万以上(手当含むも妥協)
・交通費支給あり
・月平均残業20時間以内


まあこんな感じっすね。これだけは妥協できなかった。
ていうか普通のラインでしょ?違う?(ゆとり)
実際に入ったとこは…うん…。


結構これに絞っても当たるっちゃ当たるんですよね。
それでも就職活動は半年ぐらいかかってギリギリでしたけど。


もちろん嘘つかれてたらどうしようもないんですけど、
こっちを就活生だと思ってなめてかかってきてたり、
なんか偉そうだったり、就職会場がクソだったり、
口コミが悪く言われてたり、
明らかに嘘ついてそうだったりするところは行く気がありませんでした。
(まあまずほとんど蹴られたんですけど)


面接時に高圧的だったりする企業って、
絶対入ってからも高圧的に決まってるんですよね。
こちとら就活生はまだお客様やぞ?お?


受け答えとかはまあスタンダードだったと思います。
特にいうべきことはないかなと。


ただまあ、基本的に企業って、
面接のときいいことしか言わないじゃないですか。


なんで、面接時や会社説明会の時に、
「自由に質問していいですよ〜」って言われた時は、
逆に悪いところや不満はないのか?改善点はどこか?
みたいなこと聞いてました。なかなかチャレンジャーだな我ながら。


あと、個人的に結構腹立ってるのは、
会社説明会時に、「これは面接時に使わないよ〜」って
言われて書かされたアンケート。


あいつら普通に面接に使ってくるんですよ!!!
まあ予想はしてたけど、とんでもねえ嘘つきだぜ!!!!!


私は嘘がつけない性格なんで、
「説明会の会場の空調が悪く、暑さを訴えている人が多かった」とか、
「説明会のくせに、なんで研修戻りで本社勤務2日目の、
入社1か月くらいの新人と質疑応答させんの?」とか書いてました。


前者は「そんなに暑かったんですか?」とか言われたので、
「体調悪そうにしている人も多かったです。
御社にこの意見を活かしていただきたいと思い、
素直に書かせていただきました(意訳)」と答え苦笑いされ。


後者は「え?そんな新人を説明会で質疑応答させたの?」
とか言われたので(役員のくせに知らなかったのかよ!)


「ええ、そのため、新入社員の方々に質問しても、
御社の様子を知れるほど、あまり具体的な回答を得ることができず…(意訳)」
と答えたら、「そりゃあ悪かったですね(全ギレ)」
とかブチギレられました。


ああ、双方とも行かなくて良かったですわ…。
まあ両方とも落ちたんですけどね?


ともかくも、面接の場や、受付や、事務対応において、
明らかに高圧的だったり乱暴だったり、
というかまずオフィスが汚いとか見栄えが悪いとか、
そういったマイナス要素を感じるところに入ると、
おそらく絶対入ってから後悔するだろうな、と思ってましたね。


今でもその判断は間違ってないと思います。
うちの会社はおかげでネチネチした先輩や上司が数人いるくらいで、
ホワイトかどうかは知りませんがほどほどにマシです。


むしろ私のような負債を抱えてしまってごめんなさいまである…。
あれ?もしかして上司とかがネチネチしてるのって
私のせい…????????


あんまりこういう記事書くと、
私のあまりに悲惨な人間性が
皆さんに知れ渡ってしまうため避けていたのですが、
私の就職活動といえばこんなエピソードでしたという話。


もし今、就職活動時にこんなこととか考えずに、
安易にクソ企業に入ってしまった方は、
なるたけ10年ぐらいは我慢して節約しながら、
インデックス投資をしながらセミリタイア資金を頑張って貯めましょう。


結局いい会社だろうが悪い会社に入ろうが、
セミリタイアのためのただの羽休めですから。
やめてしまえばだれも平等に無職です。


気楽に構えつつも、必死にしがみついて、
なんとかセミリタイアできるよう、一緒に頑張りましょう!


(羽休めといえど10年ちょっと勤務しなくちゃならんのは長いな…)


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。