2019年3月21日木曜日

安倍総理を神格化する安倍アンチたち(コカイン安倍)

ピエール瀧のコカイン逮捕の件についての
ニュースを読んでいたら、急に安倍政権への
批判が入っててビビりました。


安倍政権の経済金融政策に限界が見え、
ヘイトスピーチとネット上の炎上が日常茶飯事になった
今の日本は、当時の米国と似ている点も少なくない。
今回の大物芸能人のコカイン疑惑は、
特にコカイン使用の危険性の高い世代に対する影響力を
考えればかなり要注意ということになる。
(※参照)
「コカイン」はどれだけ「ヤバい」のか
https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20190315-00118364/


あのさぁ…。


読んでいただけるとわかりますが、
本文はコカインの発端から危険性までを、
わりと真面目な文脈で書いてある記事です。


それなのに、最後の四行で唐突に安倍政権批判が入ったため、
ほかのSNSでは「安倍批判入れろって脅されたんやろなあ…」
「書かないと載せないぞ、とか言われたんやろな」
「これもう筆者がコカインキメてるやろ」

と散々な言われようです。


つーかこの当時ってネットすらないし、
別にヘイトスピーチが多かったとか、
経済政策が低迷していたとかじゃなくて、
どちらかというと麻薬組織がコカインで台頭してたとか、
それでCIAとかがドタバタを繰り広げていたとか、
もっとこうディープな背景があったはずなんですよ。
普通に銃撃戦とかあったし。


少なくとも現時点の日本とは比べようがありません。
SNSの炎上はむしろ平和な証でしょう…。


いくらなんでも結び付け方が強引すぎます。
つか、金融政策が限界ってソースは?
とんでもない偏向記事ですね。最後のたった4行で。


…民主主義は、ようは
「消去法で一番マシな政党をみんなで選ぶ」
っていうものなんですよ。


別に安倍総理や自民党が大好きだから
選んでるわけじゃないんです。


あまりに野党が情けなさ過ぎて、
選択肢にも上がらないからこんなことになってるんですね。


こんなわけのわからんライターまで出てくるしね?


「消去法で自民党が選ばれているだけだ!」とか、
たまに批判する野党もいますが、
民主主義ってそういうもんですから…。
そんなことするよりまず自分の党をなんとかしてほしいですね…。


ひどい時には地震は安倍総理が起こしたとか、
韓国のレーダーは安倍総理が指示したとか、
もはや彼らは安倍総理のことを神か
何かだと思っているふしがあります。
普通の自民党支持者よりも支持してるだろこれ…。


正直、これ以上対抗政党が出てこないと、
本当に自民党がこれ以上腐敗しかねない危険性があるので、
なんとかもっとマシな政党が出てきてくれないかと期待しています。


※ちなみにコカインの中毒性より、
 タバコの中毒性のほうが断然高いです。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。