2019年3月24日日曜日

高配当株は無配株よりリスクを余計に多く抱えることになる

配当銘柄、とくに高配当銘柄や連続増配銘柄は、
「不労所得がバンバン懐に入ってくる」という点から、
やはり多くの投資家から人気があります。


しかしながら、配当という形で会社の利益を吐き出す以上、
会社は下落時に資金をストックしておくこともできなければ、
新たに新規事業などへの資金投資がやりづらくなります。


下落時でも投資家がガチホして離さないから強い、との話もありますが、
それでも下落時でも配当や増配は続けねばならぬ以上、
かえって普通の無配株よりも立て直しがきつくもあります。


下落時に減配したら配当狙いだけの投資家どもはさっと波を引き、
かといって減配しないように
必死に維持し続けていたら余計に業績が悪化します。


そもそもが、株式会社のお金=株主のお金と同義ですから、
いちいち企業から株主にお金を手渡すというのはあまり意味はなく、
むしろその資金移動そのものに課税されてしまう以上、
株主が時期を指定できない配当はただただ邪魔なだけです。


(※例としてこれ)
高配当は株主にとって本当にお得か?
https://kabukiso.com/column/haitou.html


大して、無配株はリスクヘッジとしての内部留保、
新規事業の投資、さらには株主への資金移動を
株主自身が自由に決定できるため、使いやすく、
課税の繰り延べという面でもかなり有効です。


無配株では、内部留保しすぎると資金運用の効率が悪くなる、
との指摘もありますが、それにしたって別に大損なわけではなく、
単に使い道がないというだけでリスクヘッジには大いに役立ちます。


税金は少しかかるかもしれませんが…。
そこはその企業の腕の見せ所でしょう。
アマゾンなんかはまさかの税金マイナスとかやってますからね…。


そもそもその企業の資金運用の腕に不安があるなら、
さっさと売り抜けて別の企業に投資するべきです。
なにも信頼できない企業に投資することはないでしょう。


結局、高配当銘柄の配当なぞ株主にいい顔するための
パフォーマンスの一つにすぎず、
運用面でも、課税面でも、無配株と比べて
若干扱いづらいと言えるでしょう。


配当を再投資するならなおさらですね。
いちいち配当もらって課税されてから
売買手数料払って再投資するとか、
なんかあらゆるところにお金ばらばら落としてて非効率に過ぎます。


とはいえ、いちいち配当金を大切に現金のまま持っておくのも、
セミリタイア時ならまだしも現役時には微妙ですね。


それに、たとえセミリタイアなどをしていたとしても、
取り崩しタイミングだって
自分ではかったほうが自由が利きます。


インターネットが発達した今、
ネット証券でちょいちょいクリックするだけで
利確は簡単にできますからね。


といったことから、やはり配当銘柄は扱いづらい。
これだったら無配株の方が扱いやすく効率的です。


むろん、これは株主還元の考え方の違いであり、
実際の株価の値は、配当無配当問わず、
結局はその企業の実績によって変動します。


配当だろうと無配だろうと、企業がおぼつかなければ
どうあがいたってマイナスに振れることもあるわけで、
さらには自分の売買タイミングが不適切なら
余計にその損害も大きくなります。


配当銘柄や無配銘柄のどっちがいいかとか、
売買タイミングでいちいち迷うくらいなら、
配当無配当どちらの銘柄も含み、
かつ売買タイミングは割と適当でよい、
インデックス投資をやるのが良いでしょう。


それでももし個別株をやるとしたら、
配当などという目先の欲に踊らされないよう。
それ以上に、企業の動向に目を光らせるべきですね。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

1 件のコメント:





  1. 「電子書籍出版依頼」





    はじめまして。
    高橋と申します。
    突然の投稿失礼します。

    私の本業はデジタルコンテンツプロデュースを軸に
    飲食の経営や映画プロデューサー、
    最近は電子書籍のプロデュースをしています




    現在は「金融・ライフスタイル」をテーマを出版活動を視野に入れ活動しており
    ぽすと様のブログの「爆アド!-投資・糖質制限・セミリタイア-」に辿り着きました。




    私も去年金融リテラリーの知識と資産運用に興味を持ち投資を
    スタートして少資金ですが
    ドバイの不動産投資をスタートし初めて
    インカムゲインを受け取りインカムの良さを知ることが出来ました。
    私もFXやバイナリーチャレンジしたことがあるのですが
    独学でしたので途中で挫折してしまいました^^;

    インカムを得て働かなくてもお金が入る。
    これからの時代この様な資産形成をしていかないと
    自由は得られないって体感して思ったので
    今後も投資について勉強をしていこうと思っています。



    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ぽすと様のブログを
    記事を読ませて頂き私もまた投資の勉強をしているのですが
    2018年から投資を始め、現在は多くの読者に注目されている大変興味深いブログだと思いました。「高配当株は無配株よりリスクを余計に多く抱えることになる」は非常に同意できる内容だと思いました。是非インデックス投資について勉強してみたいと思います。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




    ぽすと様にご相談ですが
    今、アクティブに活動し記事のクオリティが
    高いブロガーさんに
    電子書籍出版の依頼をさせて頂いております。
    もし、可能でしたらぽすと様のブログを基に
    電子書籍として出版させて頂きませんか?


    ブログテーマである「金融・ライフスタイル」は
    非常にニーズがあるテーマになります。

    また、
    「電子書籍を通して自分のコンテンツを販売したい」
    「電子書籍で集客をしてブログにアクセス集めたい」
    「アフィリエイト報酬を増やしたい」
    といった他にも多数ありますが、出版して頂くことで
    ぽすと様に何かしらメリットがあればと思います。

    こちら出版費用は一切頂きません。


    無料で出版させて頂いていますけど
    一切の妥協などせず表紙やタイトルに
    力を入れておりそのお陰様でクライアント様から
    「表紙のクオリティが高い!」「本当にこれ無料で大丈夫ですか!?」
    と言って嬉しい声を頂いております。

    なかにはベストセラーで1位になったり
    出版して次の日には売れ筋ランキングで
    2位になって喜ばれる人もおりました。

    ご興味をお持ちでしたら一度出版について詳しくお話したいと思います。
    書籍サンプルをお送りいたしますので、是非ご覧になってください。


    サンプル
    https://amzn.to/2EpCibV
    https://amzn.to/2TSy6H3
    https://amzn.to/2TcXTND

    ご検討の程宜しくおねがいします



    メールアドレス
    etube.kindle@outlook.jp

    あなたの眠っているブログを活用しませんか?
    https://bit.ly/2UNBpzN






    返信削除

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。