2019年1月8日火曜日

そりゃ友人の親類の会社とか入りたくないよね

一応、私の親類には起業している人がいます。
まあせいぜい十数人ぐらいの小規模な会社ですけれど。


あと建設や工業系です。
(ぼかしてます。まあPCや車も使う肉体労働系です)


ただまあ、ある程度、数人ぐらいの若い人はとりたいみたいで、
一応私の友人にも働きたい人がいたら誘ってみたら?
みたいなことは言われています。


あんまり本気で言っている感じはないですけどね。
五体満足で車の運転ができればたぶん受かります。
私の友人によほどコミュ障な人はいませんしね。


そいで私の友人はどいつもこいつも無職フリーター学生ばっかなんで、
一応誘ってはみてますけど、まあ断られますよね。


友人の親類の会社とか絶対嫌でしょう…。
残業は多いみたいですが、もちろん残業代はちゃんとでます。
でもそういう話じゃないんでしょうね。


結果的に他の普通のIT企業に入った友人や、
クソブラックに入った友人もいますが、前者にいたっては
かなり転職を繰り返している人です。


明るくて、バイタリティがあればホイホイ就職できるんでしょうね。
逆に後者の友人は、早慶上智の院レベルの学歴ですが、
あまり明るいわけではないのでどこも受からず、
転職もまだ考えていないみたいです。(まだ勤めて全然経ってないですけど)


ていうか、私ですら嫌ですね。
もし今の企業に入ることができなかったらそこに入れられていたかと思うと…。
運転するリスクや仕事の内容含めて嫌だ。拘束時間長いし。


ちなみに、ブラックづとめの友人に対して、
「もう時給換算したら明らかに損なんだから
アルバイトでもいいじゃんか」といったところ、
どうしても社会保障や福利厚生の面から踏ん切りがつかないとのこと。


いやいや、サービス残業や休出(手当てなし)をするところなんて、
どうせろくな保証なんてしてくれないでしょ…。


特に、国民保険と社会保険の違いもちょっと調べてみましたけど、
せいぜい保険対象が個人単位か世帯単位かってだけで、
保険料も受けられる保険も実際ほとんど変わらないみたいです。
(扶養家族が多い場合は社会保険のほうが得ってぐらいやね)


病気で休んでいる間もお金が出る?


そんな大病になるようなブラック企業が
出してくれるわけないだろ!!
いい加減にしろ!!!!


むしろその病気の原因なのでは…?
逆に、あまりに高額な場合は、国民保険だろうと社会保険だろうと
高額療養費制度が出るし大丈夫でしょう。


まあそういっても、奴は奨学金のこともあるんで、
結局資格を取って転職するまでそのまま働く模様…。
(その時間がない、とも言っていましたが。詰んでね?)


貯金やお金がないなら、株をやればいいじゃない。


なんて、マリーアントワネットみたいなこと言ったら
さすがに「投資を万能薬みたいに言うな」といわれてしまいましたが。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。