2019年1月25日金曜日

日本の田舎はこれからさらに衰退するだろう

私が子供の頃は、「田舎を活気あるところにして、
若者に来てもらおう!」となんだかいやに朗らかな
爺婆さまたちがテレビに出ていましたが。


最近はもう本当に異常に田舎に若者がいないらしく、
ニコニコどころかすごい暗い顔で
「若者が田舎に来てくれんかねえ…」と言い出す
爺婆さまたちがインタビューでため息を漏らす始末。


ただしジッサイこれは自業自得な面も多く、
ただでさえ生産性が少ない高齢者の方々に対して
面倒を見てくれる人が少ないのに、
それ以上に彼らは意外と粘着質で、実は横暴な人が多いから
余計に人が集まらないという事態になっているからです。


よく田舎では隣近所の人が
取れた農作物を恵んでくれるとか言いますが、
あれはちゃんと物でお返ししないと
マジですぐ村八分されるらしいっすよ。


田舎が静かでアットホームな空気であるというのは、
それこそ創作の中でしかないほとんど御伽噺に近い存在で、
ジッサイは虫は多いわかえるは永遠に鳴いてるわ
爺婆は非常に攻撃的で排他的だというのが実情です。


日本人は謙虚でつつましい、というのが
今まで私たちがマスメディアに洗脳されてきたコピーでしたが、
本当は「日本人は、日本人を謙虚でつつましくさせる」のが
得意な国民性なのです。


周りを見ていればわかるでしょう。
礼儀正しいのは礼儀正しくないと弾圧されるから。
空気を読めない人間は邪険にされてしまうから。


会社でも、仕事のできないようなおっさんが
無理やりに若い人間を飲み会に誘ったり、
年寄りをうわまえといわんばかりの横暴ムーブ。


マナー講師がマナー作って遊んで儲けているように、
はたまた最近のネットでは攻撃的な人間ばかりのように、
日本人は他者の足をひっぱりさげすみ圧迫するのが大好きな人が多く、
またそれに対して反抗をあまりしないというのが
近頃見えてきた本当の国民性です。


まあ別にこれは日本だけじゃありませんけど。
特に謙虚さを前面に押し出しておいて、
本質はもっと醜いというのが日本の特色なんですね。


田舎に行くと、それこそ「暗黙の了解」をしっかり把握しなければ
すぐに村八分にされますし、町内会費といって
多額の年貢を納めなければ村八分です。
(ジッサイに、それで訴訟起こされた事件が最近ありましたね)


物価もけして安いわけではなく、
むしろ付き合いの費用や、生活必需品の車の維持費などから、
かえって都会で生活するよりも節約しづらく、
お金がかかってしまうパターンも多いです。


結局電気代や食費の固定費は大して変わりませんからね。
そのくせ給料は完全に低く、福利厚生なんてあるわけありません。
暗黙の了解が横行しているので、サビ残なども必至ですしね。


つまり、老人が「若者が来ない!!(怒)」とキレるのは
まさに自業自得であり、自らは配慮しない
まるでお客様根性で若者が来るのをただ待ち続けているせいなのです。


今の移民政策などもそうですが、相手側に何のうまみもないのに、
自分たちだけが労働力を確保しようとするなど、
ただただ自分のためだけに考えているような行為は、
基本的にどうしてもうまくいきっこありません。


資本主義が今現在の国際社会の基盤なのですから、
必ず相対的にお互いの利益になることをせねば駄目です。


情や空気や伝統などの前時代的な
他人を抑圧するような行為は、
今の情報化社会ではあまりに時代遅れ過ぎるといってもいいでしょう。


つまるところ、移民はこのままだと
あぶれた移民が国内に争いの火種をばら撒くでしょうし、
いくら爺婆が怒りに叫んだって若者は戻ってこないでしょう。


それに、田舎はできるビジネスも少なく、
農業なんてしたらそれこそ回りによそ者扱いされて潰され、
農協にはあらゆる資産を食い潰される始末。


まずビジネスとしても、
あそこは変に良い商品を説明して売るよりも、
多分お酒を持ってクソ適当な商品を雑に売りつけたほうが
利益も上がるしリピーターも多そうですね。


まさに資本主義などとは程遠い未開の地。
日本の田舎はもう、新興国以下の
動物園だと思ったほうがよろしいでしょう。


さてこの田舎の復興方法ですが、
現状どころか一生不可能だといってもいいでしょう。


むろん対策はいくらでもとれます。
田舎にすむと報奨金を国や市が出したり、
地元と密接に関わっている役所と人間のつながりを
無理やり引き剥がしたり、地元ルールを撤廃したりとかね。
でもこれだと逆に圧制になるか。


しかし、ひとつひとつやっていくには現実的ではない。
お金もなければ人もおらず、
まず革新的なことをやろうとしても
根本的に田舎の人たちそのものがまず邪魔してきます。


「伝統が!」「よそ者が!」ってね。
一部の人だけだと思いたいですが、
そちらの方が声も力もある人が多いから仕方のないこと。


今後の日本の田舎はもう、ただ衰退しかありえません。
それはつまり、日本自体ももう危うくなってきている
ということに他なりません。


ギリギリ生き残るとしたら、
やはり都心部付近ぐらいしか思えないので、
一番安心できる方法は、都心部近くに住みながら、
米国株インデックスファンドを買い続けることぐらいでしょうか。


ほどほどに日本が衰退してくれれば、
それはそれで米国株との差益で安泰な可能性もありますしね。



ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。