2019年1月20日日曜日

別にお客様から気に入られたくないし、営業先失おうと知らんわ

いくつか色々な企業に出向して営業とか販売とか作業とか、
それっぽいことやってきた私です。


こう見えて、仕事はできないものの、
コミュ障でありながら人当たりは良いので、
現場や客によっては私が生理的に受け付けられなかったり、
逆に変に気に入られたりします。
(後者にいたっては、たぶん私でなくても気に入られたんじゃないかな)


ですがそんな気に入られた先でもすさまじいアクシデントを起こし、
結果的にそこにいられなくなって
また別の現場で作業するようになりました。


いやあよくクビになりませんでしたねw
わりとマジでクビが飛ぶようなことしたんですけど。
そのアクシデント以外にも精密機器ぶち壊したりもしてたし。


個人的な言い訳としては、残業が40~60時間が
恒常化していたためにもはや意識が朦朧としていたし、
そのことについて以前から何回も上司に陳情しても突っぱねられたし、
ようは「俺は悪くねえ!!!!」と今でも思っているんですけどね。


技術的にはともかく、単純作業でも
私は残業が40時間を越えてくるともう駄目みたいですね。
まあたとえ定時だとしてもよくミスしますから…。


ともかくも、それこそ最初の頃はさすがに自分も反省していましたが、
だんだんと若手に対してあんな重い作業させてたおめえらも
悪いんじゃねえか、みたいなルサンチマン思考にバリバリ
染まってきたため、すでにあのときのような清純さは
私にはもはやありません。


セミリタイアのような先進的思考を持たない
愚かな私の上司たちは、資産のたくわえなどなく、
それこそ会社が倒れたらとんでもないことになるため、
血眼になって仕事をし、お客様に媚を売りますが。


私としては客に嫌われようが取引先を失おうが、
どうせこの会社で長く勤めるのはそもそも厳しそうだし、
はっきり言っていつ潰れようがクビになろうが良い、
そういうクソみたいな開き直りをしているんですね。


ある意味、こういう開き直りが大事だって
この歳のうちに気づけてよかったですよ。


そもそも仕事を大真面目にやっても、
給料に反映されることもなければ、
上司がちゃんと評価してくれるとも言いがたく、
結局昇給するよりも残業代の方が堅実にサイフに味方してくれますからね。


ほどほどに頑張りつつ、いつクビがとんでもいいや、
そう考えてたほうが精神衛生上とっても良い。


むしろ経営者は労働者からいかに搾り取るかしか考えていないのだから、
それこそうまく立ち回って、こちらも必死に金を
搾り取り返すしかないわけですよ。


これは戦争。そう戦争です…。


というわけで、どうにかうまい立ち回りをしながら
ひたすらサボりまくりたいと思います。


まあ資産はまだ300万しかないので、
到底セミリタイアなんてできっこないわけで、
結局今の会社には当分しがみつくことになりそうですが…。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。