2019年2月25日月曜日

バフェットのせいでクラフト・ハインツ(KHC)は下落する

クラフト・ハインツ(KHC)とかいうケチャップ売ってる
米国株が暴落してるらしいですね。


まあご存知の通り、私はこの会社自体存じ上げなかったわけですが。
…世界で5番目の売り上げ規模の食品会社!?嘘やろ!?


ま、そもそも普通に日本で生活してる分には聞かんだろ。
ケチャップなんてカゴメでいいしね。


で、粉飾決算疑惑やらリストラのせいやら、
単に業績不順とかで下落しているらしいですが、
ここらへんはどうせ情報が出そろうまで結構かかると思うので割愛。


それはそれとして、ここもあのウォーレン・バフェットが
結構な割合で投資しているところなんですよね。


私もまあ説得力が増すので結構この人を記事で使いまわしてますが、
そりゃあ昔はいくら20%近く年に利益あげられた天才だって、
もちろん毎回株で大成功するわけありません。


市場のことをなんでも見通せるのは神様ぐらいです。
ああこの人も、投資の神様とか持ち上げられてますけど、
一応は人間ですからね…。


でまあ、おなじみこのおっさんが買った銘柄は、
「あのバフェットが買った!優良銘柄だ!」と、
一にも二にもなく、バフェット銘柄としてもてはやされながら、
世の個人投資家に買われていくわけですね。


おおむね間違っているわけでもなく、
実際に儲けることもまあまあ可能でしょうけど、
それでも無条件に信じすぎていると、今回みたいに
たま〜に足元をすくわれることがあるのも注意ですね。


バフェット自身はこういった多少の躓きなぞ、
(信用はともかく)資産自体は大して痛くないでしょうが、
バフェットの後追いをしているバフェットクラスタなどは、
資産は限られているので大ダメージなんでしょう。


バフェットにイナゴのごとくしがみつく投資家がいる限りは、
痛い目を見て市場から撤退をする人も増え続けるということです。


まあつまり無条件に信じないことですね。
個別株投資は、おっさんの口先だけ聞いて盲目的に買うんではなくて、
その銘柄の実態とかもしっかり考慮しとかんと行けないわけですね。


まあそれでも予想できたかは別ですが?
つい先日まで、だれもクラフト・ハインツ(KHC)なんて
注意してなかったでしょうし…。


米中貿易戦争が終結しそうだ、
おかげでそろそろ株価も回復しつつある、とかの情報に
目が行ってたんじゃないでしょうかw


さて、この下落は決して終わりではなく、
ここからこそが個別株投資家の勝負の始まりなのです。


クラフト・ハインツ(KHC)ホルダーにとっては、
ここからの状況は、それこそ精神と運が
十二分に試されることになります。


回復するか?
それとも損切りするか…?
ネットの情報戦と、自分の資産額を改めて見返して、
バフェットの対応に右往左往…。


もし、このまま株価が回復してくれるならまだしも、
(ないと思いますが)バフェットが一気に損切なんてしたら、
もっとヤバいことになってしまいそう…。


やあ、でも、それで「いやあこれは仕方ない、運が悪かったよ」とか
言ってしまったのなら、それこそ個別株投資では
「実力ではどうすることもできない損が発生する」ということでして、
猶更インデックス投資によりも潜在的なリスクが多く、勝てない、
ということになってしまいます。


こんなんが楽しくて個別株投資をする人がいるってマジ?
ヒェ…マゾすぎてついていけませんわ…。


ええ、ええ、このように、私みたいな、
クラフト・ハインツ(KHC)すら知らなかったような、
青いインデックス投資家に一方的に馬鹿にされたくないのなら、
やっぱり個別株投資より、インデックス投資をするべきですね。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。