2019年2月15日金曜日

安倍首相のレスバ能力はピカイチ。なんj民以上。

(参照:)
「悪夢の民主政権」で火花=安倍首相と岡田元副総理-衆院予算委
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021200491&g=pol
(動画:)
https://www.nicovideo.jp/watch/sm34624705

岡田氏は、東京電力福島第1原発事故に触れ、
「最大の苦しみは原発事故。もっとうまく対応できなかったか」と振り返った。
その上で、事故の根源的な原因は原発政策を進めた
歴代自民党政権にあると指摘し、「反省はないのか」と首相に迫った。


首相は「過酷な事故は反省している」と語りつつ、
有効求人倍率が低迷していたことなどを挙げ、
「少なくともバラ色の民主党政権ではなかった」と批判。
「(民主から民進に)党名を変えたのはイメージが悪いから」とやり返した。


激怒した岡田氏が「全否定のレッテル貼りはやめろ」と声を荒らげると、
首相も「『安倍政治は許さない』と全否定したプラカードを持ったのはどこの党か」
と応戦。


与野党議員のヤジも飛び交い、議場は騒然となった。


ダ ン ガ ン ロ ン パ。


…なんでこの人たち国会でなんjみたいな
レスバトルしてるんですかねえ…。


というか見てくださいよ安倍総理のこの顔!!



この顔!!!!

ニッコニコやんけ!!!


予想通りの反論を論破できてニッコニコなんやろなあ…。
これ見たときは不覚にも笑いました。


うーんしかしほんとレスバ強いなこの人。
たまにこの人の発言の書きおこしなどを見たことがありますが、
失言になりそうなところは全部避けて、綺麗に結論をはぐらかしてました。


これだけマスメディアにマークされているのに
まだ生き残ってるのはすごいですよ。
つい最近なんか「がっかり発言」を切り抜き報道された大臣もいたのに。


ところで、この論破された岡田氏、
「普通なら予算審議をやっているときに言わない。
おごり、高ぶりではないか」
と国会が終ったあと述べています。


(参照:)
小沢氏「もう一度、悪夢見てもらう」 安倍首相の撤回拒否で
https://www.sankei.com/politics/news/190212/plt1902120029-n1.html


予算審議中にそもそも原発事故を引きあいに出して
政権批判を始めたのはこの方であり、
単純に安倍総理はそれをそのまま返しただけです。
何言ってるんだこいつは…。


まあまだ原発については反省できるだけ安倍総理はマシでしょう。
岡田さんは反省どころか逆切れしかしていませんから。


あと、自由党の小沢一郎も会見で
「もう一度、悪夢を見てもらわなければならない」と言ったとか。


これは笑いました。多分そういう意図じゃないけど、言い方…。
国民にもう一度悪夢を見せていくのか…(困惑)


…で。さて、政治の問題はなかなか複雑ですし、
自民党も別に最良の政権とは言えるかはわかりませんが、
アベノミクスで日経平均を地道に上げてきた以上、
こうした揚げ足取りしかできない野党は
どうしたって今のところなかなか政権交代の芽は難しいです。


消費税増税や移民などでも問題は多いですが、
かといってそれに代わる対案なんて出せず、
(これはどの政党も増税以外の対応では難しいと思います)
ただこうやってレスバトルぐらいしか討論はできていません。


年金を株で買って損をしたといいますが、調べる限りでは無理な運用とは言えず、
それも含み益が少し減っただけでトータルはプラスになっていたり、
統計詐欺も自民党政権以前からあったものがようやく発覚した、
というのが最近の実情です。


ベストとは言えず、先行きも不安ですが、
少なくともまだマシな政権だと言えると思います。


まあ消去法で選ぶのが政治ですから…。
これでいいんでしょう。


どちらかというと、日本の不安定な経済を
安倍政権でギリギリせき止めている感覚が強いですね。


出生率が少ない以上、移民は受け入れざるを得ないですし、
社会保障費を減らすにはそれこそ老人をなんとかしないといけないしね…。


あとはせいぜい日本人に「日本に対して」投資を勧めて、
日経平均をどんどん上げていくほか、
日本の経済成長を本質的に支えていくことはできないでしょう。


そういうわけでつみたてNISAなども最近奨励されているんですね。
…本音は年間40万までとかケチケチしたことは言わず、
もっと非課税枠をもらいたいものですが…。


まあ、私やほか多くの投資家が投資するのは、
日本よりは先進国や米国、新興国などばかりなんですけれどね…。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。