2018年7月17日火曜日

発達障害だ!アスペルガーだ!なら、投資信託とセミリタイアしかない!

セミリタイアをめざす人は、大概何かしら仕事に不満があるか、
あるいは会社に縛られずもっと自由に生きたいという方、
どちらかまたは両方でしょうか。


その中でも、早期にセミリタイアをしたがる人は前者で、
晩期にセミリタイアをしたがる人は後者の場合が多いと感じます。(私調べ)


これは、前者が「必要に迫られてのセミリタイア」であり、
後者が「選択肢の一つとしてのセミリタイア」である以上、
その余裕の有無から、開始時期にはそれぞればらつきが出るのだと思います。


もちろん、やむにやまれぬ事情…親の介護のため、
といった理由からの早期退職などもあるのでしょうが、
それはセミリタイアの概念とは少し異なると思うので割愛。


まあ、仕事に不満がないならわざわざ安定した収入を失ってまで
セミリタイアはめざすまいとも予想できますけど…。


ともかくも、若くしてセミリタイアをめざす人・している人は、
大概が仕事・人間関係・社会生活に苦痛を感じている人が多いでしょう。


現に、よよよさんやキムさんといった、
つい今年にセミリタイアなさった30代前後の方々は、
みな労働に絶望しています。


20代で社会に絶望しセミリタイアをめざす人も、
最近ブログ村にちらほらいますが、
薄給や激務で、同様に労働に絶望しています。


労働環境が劣悪だけならまだしも、
当人自身の能力が低いか、何かしらの精神障害を抱えている場合は、
とりわけ仕事が嫌になっていくでしょう。


さて、発達障害などは、実は大人になってから発覚することがあります。
大人の発達障害とかなんとか、最近話題ですよね。


今までの社会じゃ、ただの無能とかなんとか言われて断ぜられてきたものが、
近頃は実は障害だった!とかで、診断を受けたり、
薬を使用したりして治ったりするようになってきています。


とはいえ、こういった方々は、薬を使っても
ギリギリ一般人と同列になれるかどうか、
というぐらいなので、社会生活どころか、実生活ですらかなりきついらしいです。


・遅刻したらいけない!ということはわかっているのに、ずっとダラダラする
・依頼された作業の途中に目に入ったものを行い、最終的になにをやったか忘れる
・怒られている時に別のことを考えていて頭が働かない
・何もやる気が起きない、集中力がない、飽きっぽい
・皮肉と冗談が通じない
・異常に落ち着きがない。常に体の一部が動いている。貧乏ゆすりとか
・自分が関心のあることだけは異常に集中する。けど他に関しては0
・話を聞いている途中で、何を言っているのか理解できなくなる。頭が真っ白になる
・忘れないようメモを取るが、メモを取るのを忘れる。とったメモをなくす
 とったメモがどこにあるのかわからなくなる。とったメモの意味が理解できない
 メモが取れない。メモを取るのに集中しすぎて話を聞いていない
 なんでメモを取っているのかわからない。メモに落書きをし始める


…上のは、発達障害の方の例ですね。
あまりに多すぎて、しかも人によって注意欠陥とか多動性障害とか、
種類が違うので、どれがどれとかはまた色々あります。


…ワイかな?
というかメモの下り長過ぎませんか?あっ(察し)


なんや!こんなん誰にでも当てはまるやんけ!と思ったあなた。半分正解です。


発達障害は単に、「ミスをする頻度や程度」が以上にやばすぎるってだけなので…。
いわゆる、毎日毎日家を出る時に鍵を締め忘れるって感じですよ。


20年ぐらいずっと。そのうち、鍵を失くしたり、
鍵がどっかいったりして終わりますけど。


そして、この発達障害の悲しいところは、
ボーダーライン以上でないと認められない、というところでしょうね。


毎日毎日異常に忘れ物したり、失敗したりしてる人が、
発達障害じゃないかと疑って診断を受けたら、「ただ単にIQが低いだけのバカ」
とか診断されたりして…。


発達障害じゃないなら良いじゃないか!というのもまあそうですけど、
単なる無能って診断されるのも、それはそれでつらいものがありますよね…w


私なんかも、なかなか使えないクソ無能畜生なんですけれど、
さすがにここまでのレベルではない(と思う…)ので、
傾向があるっていうだけで、おそらくただの無能なんでしょうね…。


みな、多かれ少なかれ、そういう傾向があるのは確かです。
そういった頻度が、それはもう、ホント、
ものすっっっっっごく多いのがADHD、発達障害です。


他には…アスペルガー症候群のほうはご存知ですよね?
単に滅茶苦茶空気が読めないとか、
相手とコミュニケーションを取るのが難しいあれです。


しょうゆ取って、と言われたら、しょうゆをただ単に高く持ち上げたり、
なんで悪いことをしたらいけないのかがまったくわかっていなかったり、
母と祖母の前で、「嫁姑問題ってなに?」って聞いたり。


…最後のは私の実話です。 あっ(察し)


で、まあ特に酷いのが、
アスペルガーと発達障害のダブルコンボを発症している人も
けっこう多いらしいんですよね。というか、大体発症するとかなんとか。怖い。


私も発達障害のケがあるきがするし、異常に空気が読めないし…。
いや、睡眠時間が平均4~5時間ぐらいのせいかな、いやいや…。


さて、まあ、発達障害やアスペルガー症候群と診断済みか、
あるいはその傾向があって、職場では無能扱いされて色々と絶望しているあなた!


これはもう、セミリタイアしかありませんよ!


セミリタイアさえしてしまえば、このようなつらい思いもだいぶ減ります。


ADHDやアスペルガーは、もちろん社会生活だけでなく、
実生活もだいぶ辛いものがあります。
そもそも実生活にすら影響があるからこそ精神障害と呼ばれているんですからね。


しかしながら、そういった障害を他者から責められるせいで、
鬱やストレスを食らってしまうのは、社会生活…つまり、働いているせいです!


さっさと資産を貯めて、投資し、
さっさとセミリタイアすることが一番いいんです!


労働者の立場はもっと有能な健常者の方々に譲り、
我ら出来損ないは資本家の立場から孤独に、
かつ安らかに社会生活からリタイアするべきなのです!!


仕事で色々と辛いことがあるのは、どの人でもそうですが、
とくに自分が原因で失敗したり、怒られたり、
はたまたもうすでに健常人とのギャップを感じているあなた!!


さっさとセミリタイアしてしまいましょう!


健常人とは、私達、生きる世界が違うのです!


じゃあそのためには、金銭的な意味で、やっぱり投資しなければ難しいでしょうね。
というわけでインデックス投資しましょう!ね!!
投資信託なら発達障害でもできますから!!!!!!!!!!!!


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2 件のコメント:

  1. 私も発達障害っぽいです。しかもハッキリとではなくグレーゾーンだから40歳間近でやっと気づきました。仕事が上手くいかず生きづらいですね。セミリタイヤしたいのですがそんな資産もないです。でも投資は好きなのでやってますが。なんか上手い生き方あったら教えて下さいm(_ _)m

    返信削除
    返信
    1. まだ青い私が、人生の先達の方に意見するのも
      少し恐れ多いですが…

      逆に言えば、40代間近までやってこれた、ってこと、
      それがもうすごいと思いますよ!!
      まだ私なんて全然生きてないのにもう絶望しているし…



      で、それは早速、発達障害的気味な人用に、
      私が見つけてきました!対策を!
      そして記事にしました!
      https://mailbox009.blogspot.com/2018/07/blog-post_18.html

      ワーキングメモリというものを、
      高速音読で鍛えると、少しは良くなる…らしいですよ!!
      ぜひお試しください!!

      削除

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。