2018年12月7日金曜日

会社にしがみつくことでしか生きられない人に足を引っ張られるセミリタイア者

みんな仕事に責任感持ちすぎじゃない?


なんだか知らんけど、仕事がないから有給とったのに、
やれ月に2回以上は休みすぎだとか、
お客様の心象が悪くなるだとか文句言われます。


管理職が言ってくるならまだしも、
管理職ですらない一介の先輩からそういう圧がくるのほんと腹立ちますね。


こういう空気が上からトップダウンで押し付けられてくると、
その影響を受けて、その圧を受けた後輩社員も、
そのまたさらに後輩に圧をかけてくるんですよね。


こうして社畜生産システムは完成する…。


俺もやったんだからさ!(同調圧力)


それでいて、そんなこという先輩社員や上司に限って
めちゃくちゃタバコ休憩行くしね。
真面目系屑と形容していいような先輩や上司がそこら中にいる現状が非常に腹立たしい。


そういう社畜システムを崩壊させるには、
どこかのセミリタイアブロガさんも似たようなことやっていましたが、
私自らが部下に対して真逆のことをやってあげるしかないのです。


一分でも残業したら残業代つけるべきだとか、
営業いったなら訪問したらそのまま直帰してもいいよだとか、
定時になったら即帰ってもいいよだとか言ってうながして…。


まあ私自身なんの権力もないし、うちの会社の構造的に
私が昇進することは不可能なため、こんなこと勝手にさせたら私が怒られるので
そうそう大胆なことはいえませんが…。


少なくとも、こういう地道な積み重ねが、
今後会社により良いワークライフバランスの並を起こしてくれるはずです。


ばれない程度にこういう怠惰さを部下や後輩に植え付け、
彼らには円卓の騎士モードレッドのような
会社に対する反逆の精神を身につけてもらいたいものです。


そもそもこうやって会社に縛り付けるようなやり方を受けてきた先輩社員たちは、
もう完全に思考停止して社畜ムーブしてるのもありますけど、
彼らにはセミリタイアなんて考えがないため、会社に生涯しがみつかざるを得ず、
その結果部下にも社畜としての生き方を植えつけざるを得ないのでしょう。


私のようなセミリタイアを目指す人間とは真っ向から対立する人種です。


いや、まあ、会社からしたら私の方が癌細胞なんでしょうけど…。


率直に言って、会社が倒産しようとどうなろうと、私にとっては
セミリタイアが早まるか遅くなるか、大変になるか楽になるかの違いしかないため、
会社の利益よりも社員の人生を大切にするような雰囲気作りの方が
私にとっては大事です。


つーわけで、会社といういつ沈むかわからん泥舟の中でも、
泳ぎの練習(投資による資産形成)をしている私としては、
できるだけ居心地の良い船室にできるよう、これからも怠惰な駄目労働者として
この怠惰さを後輩たちにも伝播していきたいと思います。。。。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2 件のコメント:

  1. 自らを正義と疑わない先輩社員より害は少ないと思うよ

    返信削除
    返信
    1. ほんまあいつら朝は十分前に出勤とか言い出すおじさんおばさん普通にいますからね…

      削除

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。