2018年6月28日木曜日

セミリタイアをする前に、セミリタイアを試すべき

よく、セミリタイアをしたあとのことを想像するには、
実際にセミリタイアじみたことをしてみれば良いと言います。


まあ、長期休暇を取るってだけですが…。
できれば1か月ぐらいがシミュレーションとしては最適ですが、
まあ1週間とれれば良いほうでしょう。


え、一週間も休める職場じゃない?GWの休みに有給を繋げられない?
…うんまあ、そういう会社が大半か…今の日本だと…。


まあ、そこは転職サイトと要相談として。
こと、私に関しては、そのシミュレーションは実験済みです。


というのは、実は学生だった時に、長期休みみたいなことしていたんですね。
週に1回しか学校にいきませんでした。


むろんサボっていたわけではありません。
思い返すと大学3年生・4年生のときですね。


1・2年の間に、単位を取りまくっていたおかげで、
3・4年は何もすることがなくなってしまったんですね。特に3年。


無駄に単位を多く取るほど真面目ではありませんし、
単位を落とすほど不真面目でもなかったため、
まったく大学に行くことはなくなりました。


おかげで、模範的な大学生である同期の方々とは
週一ぐらいしか遊べなかったのが心残りですが…。
いえ、大学まで遠くてね…。授業がないのに行くのもね…。


で、週一に大学で行く生活で何をしていたかと言うと…。


ず~~~~~~~~っとスマブラやってました。
プロデューサーさん!!!ゲームですよゲーム!!!


もう毎日食っちゃ寝してスマブラやる生活でした。
その時は、糖質制限もしてなかったので、
それこそ毎日異常に眠く、ずっとぼうっとしながらね。


いやですね、でもですね~~~…。
楽しかった。楽しかったですよお。
毎日ひたすらゲームしながらゴロゴロするのは。


確かに、意欲的な生き方ではありませんでしたが、
ひたすら惰眠を貪るというのは、不安もストレスもなく、
非常に快適な生活だったと言えるでしょう。


週一とはいえ、大学の友人たちと遊んだりして
リフレッシュもできていましたしね。


まあ親には心配されてはいましたが…。
一応、毎日イラストを描いてピクシブに投稿し、
漫画も半年に一本ペースぐらいで描いてもいたので、
まったくクリエイティブなことをしていなかったか、と言われると、違いますね。


今なんかは仕事しつつ漫画を描いていますが、進捗は遅いです。
こう考えると、毎日ゴロゴロしていたほうがやっぱり進むんですね。うん。


というわけで、もしセミリタイアをしたら、
私の場合はゲームと漫画読み・描きをひたすら毎日
ルーチンワークでこなすことになるわけですね。


旅行や友達との食事も、奴らが結婚さえしないでいてくれれば、
まあ数ヶ月に1回あるかないかでやるでしょうし…。
うん。まあ楽しめそうですね。


私の場合は、セミリタイアしても問題なく過ごせそうです。
たとえ、やることなくなったとしても、ただゴロゴロしてるだけでも
けっこう幸せですしね。


みなさんはどうでしょうか。
こうして、シミュレーションを一度やってみて、自堕落になるのが嫌だ、
という場合は、セミリタイアをもう一度検討し直しても良いかもしれませんね。
(まあ、その場合も、アルバイトでもしたら良いと思いますけど)






ところで、親からも言われていたことですが、
なぜアルバイトをしなかったのか、ということ。


親は、毎日ゴロゴロしている私に対して、
「もったいない」と言っていました。バイトでもしたら?と。


まあ漫画はともかく、
スマブラはクリエイティブでもなんでもないので、
そう思われても残念でもないし当然ですけど。


でも、どうせこれから40年近く労働の海で溺死する未来が待っているのに、
なぜ学生の若い美空から労働しなきゃならんのか、とも思いませんか?


私は思いましたよ。
そんなんだったら、スマブラやってたほうがマシです。


まあもしその時にSlim先進国株式があったとしたら、
アルバイトしてお金を投資しておけばよかったかなとは思いますけどね。
ニッセイぐらいしかなかったですけどね。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。