2018年6月3日日曜日

国際的な観点を持たない日本の政治や経済には期待できない…

日本はやたら先行きが不安すぎます。
年金や社会保障費はすでにボロボロになりつつありますし、
終身雇用は崩壊しつつある。
経済は停滞し、いまだにデフレから抜け出せたとは言い難いです。


ここらへんはすべて、大体お金があれば解決します。
だから投資をしよう!とくにインデックス投資をね!!!


…と言ってしまうと、これで終わってしまうので…
もう少し書きます。


最近…というか、やはり酷いと感じるのは、
マスコミと野党ですね。


クッソどうでもいいセクハラだのモリカケだの話題に取り上げて、
安倍総理や麻生さんの足を引っ張ってばかりです。


まあもちろん、それが建設的な意見なら良いですけど…。
え、建設的じゃないですよね。うん。まったくね。


中でも非常にまずいと思うのが、
内政だけならまだしも、外交に関わる部分については、
マスコミも野党もまるで役に立たないということですね。


トランプがなにを言っても、国会で取り上げられる様子はなし。
北朝鮮がミサイルを打っても、サラッと流して終わり。
あがる話題はモリカケばかり。


(参考)
各政党の質問時間を分析した結果、野党は加計学園問題ばかり
netgeek http://netgeek.biz/archives/118718


そもそも、仮想通貨についての重要な国際的な話し合いをする場であった
G20に麻生さんが参加できなかったのも、モリカケとかいう
クッソどうでもいい話で足を引っ張られたせいですし…。


さすがにツイッターとかで検索してみても、
モリカケにはうんざりとしている反応が多いですね。


そういった、誰も興味がないような話を取り上げて、
社会保障などには一切触れず、どんどんと日本が衰退していってしまうことは、
巡り巡るまでもなく、自分たちの損にもなるということを、
彼らはどうしてわからないのでしょうか?


ネットのネトウヨさんたちは、
「日本の国力を下げたい○国とかの仕業では?」などとふざけていっていますけれど、
グローバル社会の今、日本が衰退するのはそれはそれで国際社会の足を引っ張ります。


日本が衰退して、得をする人なんて全然いないんですよ。
普通に考えればわかるはずです。


…いや、わからないからああなっているのか…。


どうも、マスコミや野党には危機感が足りない気がします。
一部のネットの国民だけが気がはやっている気がしますね。


なんだか政治的な記事になってしまい申し訳ないんですけど、
政治的な要素は、経済に深く関わってくる部分なので、
投資する上で決して見過ごせるものではありません。


こうして、上層部が無能ばかりなために、
じわじわと衰退していく日本を見ていると、
やはり日本に投資するのはとても危うく感じてしまいますね…。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2 件のコメント:

  1. 私も日本の未来には悲観的な見方です。
    安倍総理が以下の2点のどちらかでも達成しないと、ほぼデフレからの脱却は不可能だと思っています。

    ①消費税を10%増税しない又は5%に減税
    ②民主党政権の時よりも減らした財政出動を、現時点より少なくとも倍増させる

    特に①の増税はデフレの日本で実行するなんて正気の沙汰ではない行為です。
    このまま予定通りなら、より一層日本経済がマイナス成長に陥ると思いますので、その時点で日本株式への投資は止めて、その分を新興国に突っ込もうかと考えてます。

    安倍総理は外交は有能なんですけど、内政、特に財政政策がなぁ・・・orz

    返信削除
    返信
    1. ryuさん

      アベ総理は非常に頑張っていらっしゃると思います。

      いかんせん、今の日本には比較対象がいないので、
      どうしても贔屓目に見てしまいますが…。

      ただ、投資をしない国民性や、
      少子高齢化などの観点から、大幅な改革でもない限りは、
      今のどの政治家でも、立て直すことは難しいでしょうね…。

      削除

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。