2018年10月25日木曜日

ブラック企業に勤めちゃうようなアホが転職できるわけないでしょ

よくブラック企業に勤めてしまう、特に新卒者などがいて、
そういう人がネットで愚痴ったりするとすぐ、
「そんなところ早くやめればよくね?」とか、
「はやく転職しなよ!」
みたいなレスがつくことが往々にしてありますね。


極論っぽく見えますが、実際にはそのとおり、
むしろかなり現実的な対策だといえるでしょう。


だって、たとえ労基にちくったとしても、
どうせ大して変わりませんよ?


そもそも実名を公表しないとちゃんと動いてくれないとか聞きますしね。
そんなことしたらもっといじめられるに決まってるだろ!!いい加減にしろ!!


しかも労基のチェックが入るときにだけ、
やたらとまじめに働き始めるブラック企業も多いとか聞きますし…。
まあ、もうほとんど有名無実化してるんじゃないですかね…。


そんなわけで、ブラック企業はもはや骨の髄までブラック企業で、
むしろそこに飼われている労働者全員がそんなふうなので、
その企業そのものを変革するのはあまりにも労力に見合った話とは言えず、
やはり退職・転職こそが一番の解決策といえるでしょうね。


しかし、そもそもの話として、
新卒でブラック企業に勤めてしまうような人間が、
ガチガチに縛られたその企業をさっと退職して、
新しくホワイトな職場に転職するようなスマートなまね、できると思います?


というか、人によってはそこ以外受からなかった、という人すらいるんですよ。
今の売り手市場でもね。
早稲田院いった友人ですらそれでブラック行きましたよ。あたしの友人のねぇ。


ちゅーか、私だってそうです。
今の職場は一応ホワイトよりっぽいですけど、
その会社に入社できたのですらほとんど運がよかっただけで、
新卒カードがなかったらおそらく門前払いでした。


面接もぐちゃぐちゃでしたしね。
なぜ受かったのかいまでもわからんち。


つまり、私もただ運だけでブラック企業をよけただけなんですね。
まあもちろん、数十社受けたし、そもそも完全週休2日とか、
残業20時間以内とかでマイナビとかで絞るくらいはもちろんしましたけど。


私もブラックに勤めていたら、普通に転職できる気なんてしませんね。
それぐらいのバイタリティって、ブラック企業での日々の過酷さから、
もうすでに0になっている人多そうですし。


…それにね、大体冒頭みたいな「転職したら?」みたいなレスを受けた
相談者の方々って、みんなこう答えるんですよ。


「それはちょっと…」ってね。
大変だとか、転職する時間ないとか。
なんだそりゃ。そもそもそのレスだけスルーするやつもいるし。


やっぱり、そんなブラック企業に勤めてしまうようなおろかな労働豚は、
結局骨の髄まで使われる側なんですね…。



ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。