2018年2月26日月曜日

自己投資ってなんだよ(哲学) やイN

zi.


自己投資とは何でしょうか。


時折、投資系のブロガーやおじさんが
「若い人は株や仮想通貨とかの投資に時間かけるより、
 自己投資した方がいいよ」
と言っているのを見たりします。2割ぐらいかな?


まあ大体こういうこと言っているのはお察しの通り
40代以上ぐらいの方です。よくあるおせっかいな老婆心ですね。
(まあつか、若い人が若い人に対してこんなん言ったらヘンよ)



ブログは好きなことを書くもんなので、
別にこういうことを言うのは人の勝手というやつですが、
それにどう思おうとこちらの勝手でもあります。


では勝手にその若者の一人としてこのブログでつらつら書きましょう。


喧嘩腰に余計なお世話だって突き返しても良いんですが、
それだといかにも反骨心あふれる若者なので
もっと理論的に言いましょう。


まず言いたいのが、自己投資ってそもそも何でしょうか?


調べてもおおよそしかわかりませんでしたが、
つまるところ資格所得などを目指した勉強、それで得る知識やスキル、
合わせて少しハズレて美容や健康レベルを上げること・・・っぽいですね。


株式投資などと大きく違うのが、
その人本人に紐づく、まさに筋肉のようなものなのでしょう。
人間としてのレベルを上げるということですね。


投資というからには、リスクがあり、
またそれに見合ったリターンが期待できるということです。


資格勉強をしたらその分会社の給料が上がったり、
スキルが身につくことで仕事に活かせたり、
美容に気を使うことでいい彼氏がゲットできたり、
トクホの商品などを使ってがんや生活習慣病を予防したり・・・。


上は主にリターンですが、リスクとしてはだいたいにおいて
お金あるいは時間をそれ相応に消費するということです。


自己投資に対する、普通の金融商品への投資は、
上のものより往々にしてリスクがお金>>>時間であり、
一般的に当人そのものには装備されません。
(金融知識を身に着けたりするのは自己投資だと思いますけど・・・?)


こう書いてみましたけど、結局のところ
どちらも本人に結びついているので
結局同じことだと思うんですが・・・まあ、自己投資の一般的なイメージには
金融関係は結びつかないでしょうから、違うってことなんでしょう。


個人的には、ごくごく早いうちから金融投資をして
金融知識を会得し、また経験を積むことが大切だと思うので、
はっきり言ってこっちに「自己投資」したほうが良いと思いますけどね。


で、話を戻しますが、
「自己投資しろ」と言われた場合は、
その自己投資の「トータルリターン」を把握することが
何より大切です。自己投資自体は大切ではありません。

ここを履き違えて、なんの役にも立たない、
あるいはリターンに見合わない資格を取ってしまうのが
一番良くありません。


これは自己だとか関係なく、
投資のキホンですよね。


資格勉強は昇給に関係ないならする必要ありません。
勉強時間やストレスのせいでマイナスリターンです。


ただ、スキルアップしたりそのおかげで転職でき、
さらにそれで高給になったり休みが増えたりしたら
高リターンとなります。


美容に気を使ったところで、酷なようですがどうしようもない人もいます。
その人は、例えば資産を上げたり、性格を改善したりして、
もっと高いリターンや効率的なものに投資して自分の価値をあげるべきです。


つまるところ、自己投資というものは
しっかりとしたリターンが期待できるかどうかを考察すべきで、
またそういった面では単純な投資と何一つ変わりがないということです。


時折、ブラック的な経営者で
「うちの社員は資格を取ろうとしないんだ」
「休み時間にスキルアップをしようとする意欲はないのか」
などとおっしゃる人もいますが、リターンが微塵もない金融商品に
投資する人がいないという当たり前の事がわかっていないのでしょう。


これは子供の教育にかけても同じことが言えます。
勉強しない子供に対して、勉強したらゲームを買ってあげるとか
物で釣るのは非常に資本主義的で、投資的で、理にかなっているのです。


物で釣るのがおかしいとおっしゃる方もいますが、
世の一般的な社会人がどうしていやいや働いているのかについての答えぐらい
少し考えればわかることと思います。


さて、結局のところ自己投資は
ちゃんとしたリターンが期待できるなら
なるほど有用なものだとわかってもらえたはずです。


しかしながら私の考えとしては、それ単体は
金融への投資よりはなかなか不確実で
おすすめできないものだと思っています。


知識やスキルを得ても別のジャンルでは役に立たないですし、
昇給しても経営者のサジ次第では無に帰してしまったり、
美しさや健康は維持と向上ができても回復はしません。


そう考えると、金融への投資は数字として目に見えますし、
こと株式投資においては将来必ず回復・上昇していくものであり、
また現金と違ってインフレリスクもありません。
(デフレについては、長期投資家ならプラスに転じるということは
 ご存知ですよね?)


こちらは時間がたてばその分劣化するどころか、
むしろ複利の効果で余計に増加していきますからね。
自己投資と比べてむしろ堅実とも言っていい投資です。


ああもちろんリスクはあります。
盗難とかね。でもそれは自己投資にもいえますから。


はっきりとゼロになるリスクを考えたら、
資本主義が崩壊するぐらいなので
その時は多分もう何やっててもどうしようもないと思いますよ。


そう、ええ、はい。
やっぱりここに帰結します。
インデックス投資信託(株式)だけやってりゃいいです。


時間や知識、ストレスなどを加味しても
個別株やら日経平均やら気にしなくてもいいですから、
トータルで見たとき滅茶苦茶優秀ですよね。


ほったらかしでいいわけですから、そいだばそのときは、
その上でさらに自己投資すれば良いんです。


「投資より自己投資」ではありません。
「投資しつつ自己投資」です。


何より優秀なのは時間がかからず簡単なことです。
他の投資商品だと勉強したり管理が大変だったりして
自己投資にかけられる時間が少なかったりします。


そもそも投資商品の長期投資や複利を加味したら
それを超えるリターンを出すのは難しいです。


投資信託にお金を入れつつ、時間を確保して
ちゃんとリターンが期待できるものに
自己投資するのが一番ですね。


結局またいつも通り
この結論に帰結してしまうのか、たまげたなぁ・・・。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。