2018年2月18日日曜日

投資をするためには生活水準を下げる必要がある・・・

we.


私はもともと倹約家・・・のつもりはないのですが、
あまり支出が多いたちではございません。


というのも、あまり物に執着しないという部分が大きいのでしょう。
ゲームぐらいしか欲しいものがないです。
最近はゲームもあまり買いませんが。



その割には20万のPCをデンと買ったり、
数千円のジャッキーカルパスをじゃんじゃん買ってはいますが、
やはりそういった突発的なものだけですかね、基本的には。


しかしながら、クレジットカードで1%の割引を重視したり、
投資の含み益などを眺めたりしていたら、
その節約に対して支出額がデカすぎるという恐ろしい事実に気が付きました。


支出が少ない、とかほざいていた私ですが、
それは単に「収入に対する支出が少ない」だけであって、
お菓子とか普通に買っている時点で支出が結構多いということです。


このへんは支出で言う「変動費」に当たる部分です。
家賃や光熱費などは「固定費」という
金額が変わらない支出のことを言いますね。


贅沢というのはおおよそこの「変動費」にあたる部分が
いかに支出をしめるかということを基本的には言うでしょう。


つつましく数千円の出費を気にかけながら、
ごく普通にお菓子を買って数千円を出費してるワイ将。
明らかにムジュンしています。


で、でもですね、でもですよ?


変動費をケチりすぎることすなわち、
その日一日における人生の満足度が減少するってことなんですよ?


それはとても苦痛です。
年収1000万の人が、年収200万の人と同じ生活を送るのが
非常に難しいということと同じです。


一度大きく生活水準を上げてしまうと
下げることが非常に難しいというわけです。


現在、私は実家ぐらしなのですが、
それでも糖質制限のために自炊していますし、
生活費を家に入れています。実質的に実家ぐらしのメリットがないです。


それこそですね、やろうと思えば食費だって
ガッツリ削ることができます。


なにせ糖質制限のおかげである程度栄養バランスに
詳しくなりましたから。


安価で済ませたい場合は、完全栄養食と言われる
納豆と卵を一日三食で十分です。あとビタミンCを少し。


これだけで一般的な生活よりは非常に安価で
かつ健康的な生活を送ることができますから。


・・・そう考えると、まだまだ1万や2万は
月の生活費から節約できる気がしてきました・・・。
お金があると使ってしまうというのは本当ですね。


色々考えましたが、やはりどうしても
自分なりの贅沢はしたいです。


とすると、やっぱり投資金額を増やしたり
お金になるイラストをいっぱい描くしかないなと思った
午後のひとときでした・・・。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。