2019年9月9日月曜日

バリュー株への投資は実質逆張り投資、かえってリスクが高いのでは?

「今人気がないからこそ安く買える!」
というのは、タバコ株などの高配当やバリュー投資家に多く、
また不人気銘柄推しかつ逆張り投資家の人がよく言う言葉ですが、
かといってそれがいずれ右肩上がりになるという保証はありません。


安く買えるから嬉しいと言っても、
バリュー株が一生バリュー株である場合利益が増えるはずもなく、
いずれはバリュー株でなくなってくれなければ、
そのままずるずると一生無限ナンピンし続ける可能性だってあります。



バリュー株はそれぞれちゃんとした理由があって割安なわけですから、
自分の銘柄分析によって見えなくとも、隠れた別のリスクがある可能性もあるわけで、
普通のグロース銘柄より内在するリスクが高いとも言えます。


グロース株を高値で掴むことも確かに危険ではありますが、
かといって市場に逆行して下落し続けているバリュー株を持ち続けるのも、
明らかな逆張り投資でありますから、そういった意味ではそちらのほうが
リスクが高いと私は思います。


むろん、バリュー銘柄の中でもさらに高配当であった場合は、
その見えないリターン…配当によって得られるリターンを加味すれば、
バリュー銘柄でありながらも実はトータルのリターンが高い可能性はあります。


しかし高配当は高配当で、配当金による課税、
配当再投資による売買手数料やポートフォリオ管理の手間、
また減配無配による市場からの嫌気リスクや
自社株買いや事業成長に向ける資産を配当に吐き出してしまうデメリットから、
より銘柄分析における考慮すべき要素は拡大し、
それゆえ非常に難しい投資と言えるでしょう。


ここまでバリュー配当銘柄を批判をしてきましたが、
グロース無配銘柄ももちろんリターンが高いぶんリスクも高く、
投資家の腕と運に大きく左右される以上、
かなり不確実性の高い投資であることは確かです。


自分が優れたグロース無配銘柄投資家だと思い上がっている人も、
驕れる者久しからず、いずれ大きな損失を生み出す可能性は高く、
それでトータルリターンが既存され、
市場平均にアンダーパフォームしてしまっていたら元も子もありません。


また、やはり自己の投資手腕に自信がないバリュー配当銘柄投資家も、
それだけ自信がないと言い張っておきながら、
実際には先に述べたようにバリュー投資ゆえのリスクも十分大きいわけですから、
それこそ安心安全のインデックス投資をやるべきでしょう。


それこそ「安く買える」「いずれ騰がる」という考えで投資するなら、
いずれほぼ必ず右肩上がりになるという保証があり、
かつ高値で掴んだとしても今後もまだ高値を更新するであろう、
米国(先進国)インデックス投資をするべきでしょう。


いずれ右肩上がりになるだろう未来からすれば今の株価は割安(バリュー)であり、
まだまだ成長を続けている世界経済への投資は成長に賭ける投資(グロース)でもあります。


私としては、わざわざ個別株投資をするなら
アウトパフォームする確率の高い無配グロースにリスクありきで投資するか、
はたまたそれが怖いとかできないとかいう恐れを持つならインデックス投資、
この二択のどちらかを選択するのが最良であると思っています。


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。