2019年9月10日火曜日

リタイア直後に大暴落!インデックス投資ではどう切り抜けるのか

どことは言いませんが、とあるインデックス投資ブロガの記事にこんなコメントが。


>>「一時的下落」とやらが自分の資産取り崩し期(60代~死亡まで)に
どっぷり重なったら意味ないですね。


一時的に下落してもいずれ騰がるだろうというインデックス投資に対し、
ついた否定的なコメントです。


なるほどーそうだよなー。
インデックス投資が長期的に右肩上がりとはいえ、
リタイア直後に市場が大暴落したらダメだよな~……。


そんなんインデックス投資に限らずどの投資でもそうだろ!!!


はい論破!!!


まあこれだとあまりに芸がないので詳しく書くと、
リタイア後に市場が暴落するということは、
たとえインデックス投資だろうが個別株だろうが一様に暴落するわけで、
結局どうしようもないです。


個別株でも一部ではリーマンショックなどの暴落時に市場と逆行して騰がり
アウトパフォームしたものは確かに少数ありましたが、
それは極少量の銘柄だけであり、ほとんどの銘柄はもちろん暴落し、
どころかその後に立ち直れず、ひいては倒産した企業も数多くありました。


その点、インデックス投資ならいずれ必ず騰がりますし、
特に米国市場なら今までは2年ちょいで暴落前に戻した歴史がありますから、
むしろリタイア直後に大暴落したとしても、
2年程度だけ耐えられれば個別株投資より有利まであります。


というか、リーマンショックの折ですら、市場全体が暴落し、
アメリカが終わったとすら言われたぐらいですから、
もしそんな経済危機に直面した際などは、
適切なホールドや損切りができるとはとても思えません。


そんなときはもはや市場から見てみぬふりをして、
ずうっとインデックス投資を積立放置しておくのが何よりの吉です。


精神衛生上も個別株投資より格段に良いのは間違いないですから、
暴落の際は個別株投資なぞより確実に頼りになることは違いないでしょう。


…ところでですが、これだと表題にあるような、
リタイア直後に暴落した場合インデックス投資はどうすればよいのか、
なんて答えにはなっていませんね?


リタイア前なら見てみぬふりどころか、積立放置しておけば、
なおさら安く買えるためリターンの大きな源泉たりうるのですが、
リタイア後はその資産を売り崩すタイミングに入っているため、
そうもいきません。


結局インデックス投資であろうと市場が暴落したらそりゃ暴落しますから、
そんなときはもはやどうしようもありません。
投資している以上インデックス投資だろうが個別株だろうがみんなそうです。


つまり働けっていうわけです。


…あ、はい。
もしリタイア後に働けない・働きたくない人は、
それに備えてキャッシュポジションを増やしておくのが重要ですね。


リタイア後はやはり現金を多く持つ事が大事ですね。
インデックス投資だろうと投資である以上はそうするべきでしょう。


くわえて、もしその具体的なやり方が不安だと言う方は、
以前も私の記事で書きましたが、やはり一定額の資産になるよう
毎年程よく売却するのが良いでしょう。


(※)
セミリタイア後の投資は何にしたらいいのka
https://mailbox009.blogspot.com/2019/02/ka.html


平均2100万の資産があったとして、年生活費が平均100万の場合、
その年が好景気で2120万になったのなら120万を下ろして生活し、
余ったお金を現金として貯蓄しておけば、
翌年不景気で2080万になったとしても、前年の20万をくわえて
いつもどおりの生活をすることができます。


まあそんな計算通りにいくかはともかくとして、
インデックス投資での具体的なリタイアシチュエーションとしては
至極安定している考え方だと思いますよ。


足りないと思うならもっと資産額を増やしてからリタイアすればいいし。
そのあたりはその人ごとのリスク許容度によって異なりますね。


こちらは私が思いついたインデックス投資最良のセミリタイア方法だと思います。
暴落にもツヨイ!わかりやすい!手間は年1回!確定申告不要!
他に収支が少ないなら税金免除も可能!気分は配当金生活!



うーんいいぞ。


特許だしても良いかもしれませんね。
真似しても良いぞ!!


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

4 件のコメント:

  1. 巨乳単眼ちゃん、キタコレ。
    単眼ちゃん、書いてくれるのぽすとちゃんだけだからありがてぇありがてぇ😇
    あ、記事はリタイア直後に まで読みました!

    返信削除
    返信
    1. そうですねえ、実は単眼絵描きって全然イないんですよ
      私含めてもある程度長く書いている人は数十人くらいしかいないはずです。

      って記事も読まんかーっ!👆💦

      削除
  2. 確かに暴落時云々は個別株だろうがインデックスだろうが同じですね。
    そして、いっぺんに全部利確するなら影響あるけど必要なときに必要な分だけ利確(あるいは損での切り崩し)するんで暴落も何もないですよね・・・

    返信削除
    返信
    1. ですねえ、インデックス投資の場合は暴落リスクについてはそれほど心配しなくて良さそうです。
      長期的な下落の場合はどうしても損での切り崩しになってしまうので、そこをうまくキャッシュで乗り切りたいですね。

      削除

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。