2018年1月26日金曜日

クレカは爆アド p-oneスタンダードカードとLinePayプリペイドがアツイ


ども。


最近すぐ寝てしまって駄目ですね。。。
原稿やる時間全然ないです。こんな体力なかったかな。


実は最近クレジットカードというものにも興味を持ち始めまして、
早速申請、現在審査中になっております。




興味を持ち始めたのはやっぱり投資信託のおかげですよね。
お金の価値をしっかりと考えられるようになりましたから。
このブログでは人生に於いて、最善のメリットを常に選択し続けていきたいと思っています。


さて。。。リボ払いや年会費やらでどうしてもイメージが悪かったクレジットカード。
事実、私の友人ではまったく使ってる人がいません。
まあ、無職とか学生とかの人が多いせいもありますが。。。


しかしですね、クレジットカードを導入することのメリットを考えると、
そろそろ導入しねえわけにはいかねえなと思いまして、早速導入に向けて動きました。


クレカのメリットは下記のとおりです。
①現金がなくても決済できる
 →現金を持ち運ぶ必要がないため、大量の小銭に悩まされる事がなくなります。
  アレ、貯まるとクッソ重いですから。鈍器ですよ鈍器。
  それに銀行にいちいち寄らなくても良くなるほうが大きいですね。
  私は、手数料がいやでATMではなく支店にいちいち行ってましたから。

②ポイントの還元率が大きい(支出が減る)
 →後述しますが、現在のクレカのポイント還元率は一般的に1%です。
  100万円支出したら1万円戻ってきます。この一万円をデカイと思えるかどうかで変わりますね。


また、所持に於ける最低のボーダーラインは下記のとおりです。
①年会費が《永続的に無制限で》無料であること。
 →年会費に数千円もかかってしまっては、クレカのメリット享受において本末転倒です。
  なんで年会費有料のクレカをもつ必要があるんですか(KMR)
  なお、~万円以上使うと無料になるみたいな限定的なのは論外です。面倒です。

②還元率が常に1%以上であること
 →0.5%はダメです。これは平均的に見て低いので駄目ですね。
  一般的には1%が基本です。
  キャンペーンや年会費有料カードだと2%以上行くこともありますが、論外です。

③ポイント交換が楽なこと&有効期限がないこと。
 →還元率が高くても、ポイント交換が面倒だとそれにかける時間コストがもったいないです。
  これについては、後述する画期的なカードがあるので解決しました。
  
④ブランドがVISAであること
 →最初はサービスも多いJCBでも良いと思ったんですがね。。。
  使える店がすくないっていうのはかなりのデメリットです。VISAにした方がいいです。
  マスターカードはJCBよりサービスが少なくてVISA以下の普及率らしいですので、論外です。


以上を加味して、私が着目したクレジットカードは「p-oneスタンダードカード」です。
ポケットカード株式会社のクレカですね。
この会社、私も調べていく中で初めて知りました。


このカード、実は「ポイントの還元率が0%」です。は?(威圧)


じゃあなんで選んだんだよっていうことですが、
このカード、「請求時に100円未満切り捨てで1%還元される」っていう他にはない
最高のメリットがあるんです。100万10円の商品を買ったら、99万10円で請求が来ます。


つまりこのカード、ポイントはなくとも還元率は事実上1%ですね。
他のクレカだと、ポイント交換における交換レートによっては大方
キャッシュバックが1%を平然と切ることを考えると、1%が確実にカムバックされるのは最高のメリットです。


大体、どのクレカもポイントの交換がめんどくさすぎます。
クレカ会社が謳っている通りの還元率を達成しようとすると、
結局Tポイントとかになってしまい、無理やり支出しないといけないじゃないですか。
つかTポイントって何じゃ?(無知のじゃロリ)


そんならさっさと現金でそのままキャッシュバックしてくれたほうが良いんです。
なんでクレカ会社はみんなやらないんですかね?
なお、他の会社だとキャッシュバックには「交換の手間」と「還元率の低下」があるので、
実質現金での還元率は0.7%とかです。おかしいですよこんなん。


なお、この1%自動キャッシュバックがある上に、さらにポイントが0.5%つく
P-one wizという上位互換のリボ払い限定カードもあります。
リボ払い限定ですが、一回設定すればちゃんと普通のクレカになります。


メリットという点では、おそらくこのカードを上回るものはないですが、
ポイント交換がめんどくさいから選んだのに、ポイントついたら交換しなきゃならないじゃないですか!
0.5%なんて誤差だよ!誤差!ハハハ!


スタンダードはついてる保険が盗難・紛失保険ぐらいしかないのがデメリットですが、
一応私が考えるボーダーラインは全部越してます。
盗難保険ありゃ十分でしょ。


たった1%還元のシンプルなクレカですが、間違いなく一番良いクレカですね。


他には事実上の現金キャッシュバックが2%という凄まじいカード、
LinePayも同じぐらい最高です。
これは買ったときについた2ポイントがそのままクレカで2円にできます。
(現金への出金は手数料200円がかかる)


こっちはプリペイドカードとしての側面が強く、
いちいちチャージしなくちゃいけないことや、月次決済はできないこと、
ブランドがJCB限定なのがちょっと痛いですね。


少しの手間も嫌がらないなら、LinePayのほうがお得ですね。
こっちも申し込んであるので、実際に2つ届いてから、それぞれ使い分けようかなと思っています。


自論として、最高に効率が良いメリットでないと、それは時としてデメリットに変わります。


クレカのポイントに踊らされていませんか?
クレカなんて、「買うときについでにポイントがつくもの」なのに、
「ポイントをつけるためについでに買う」なんていう、手段と目的が逆転したらおしまいです。


また、ポイント交換のために何時間も訳の分からないサイトめぐるのも非効率です。
まあそれが楽しいなら良いですけど、多分楽しくないので、さっさとキャッシュバック一択ですね。


楽天のクレカとかは面白いですよね~。
ポイントを楽天証券で投資信託に回せたりするんですよ。


私は楽天証券やってないので無理ですけど。
そう考えるとやっぱりP-oneで戻ってきた現金ぶち込んだほうが合理的ですね。
還元率一緒ですし。


とりあえずあと2週間ぐらいかかるそうなので待ちます。




































(なんかポケットカード会社っていい噂聞かねえな・・・上場廃止したし)


ブログ村に戻るならこちらへドゾー↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【諸注意】誹謗中傷およびスパム・荒らしコメントのIPログは適宜記録され、必要に応じてブログ運営者によって警察に通報されます。